proverb箴言

【本日の名言】初心忘るべからずby 世阿弥(ぜあみ)とはどんな人物?意味・解釈・教訓とは?

初心わするべからず 世阿弥

【本日の名言】「初心忘るべからず(しょしんわするべからず)」とは室町初期の能役者・能作者であった世阿弥(ぜあみ)が『花鏡(かきょう)』に残した言葉であるが、その意味・解釈・教訓とは?世阿弥(ぜあみ)とはどんな人物?何をした人?

スポンサーリンク

続きを読む

【本日の名言】太陽の運動と見えるものは全て実は地球の運動であるby コペルニクスの意味・解釈・教訓とは?

太陽運動に見えるものは地球運動 コペルニクス

【本日の名言】「太陽の運動と見えるものは全て実は地球の運動である」とはポーランドの天文学者・コペルニクスが天文学史上最大の発見であるとされる『地動説』を唱えた言葉である。これのどこが名言なのか?この言葉の意味・解釈・教訓とは?コペルニクスとはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】平常心をもって一切のことをなす人これを名人というなりby 柳生宗矩(やぎゅうむねのり)の意味・解釈・教訓とは?

平常心をもって一切の事をなす名人柳生

【本日の名言】「平常心をもって一切のことをなす人 これを名人というなり」とは江戸初期の剣客柳生宗矩(読み方:やぎゅうむねのり)『兵法家伝書(へいほうかでんしょ)』に残した言葉だが、その意味とは?教訓・解釈は?一介の剣士から大名まで上り詰めた柳生宗矩とはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】家は洩らぬほど 食事は飢えぬほどにて足ることなりby千利休の意味・解釈・教訓とは?

家はもらぬほどしょくじはうえぬほどにてたることなり千利休

【本日の名言】「家は洩らぬほど 食事は飢えぬほどにて足ることなり」とは安土桃山時代の茶人・千利休(せんのりきゅう)が残した言葉だがその意味とは?教訓・解釈は?千利休って名前は知っているけど実際はどんな人物だったのか?
信長・秀吉と天下人に仕え、茶道を一般国民にまで広めたが最後は切腹させられた千利休とは!?

続きを読む

【本日の名言】鳥は林を願う 鳥にあらざればその心を知らずby 鴨長明とはどんな人物?意味・解釈・教訓とは?

鳥は林をその心知らず 鴨長明

【本日の名言】「鳥は林を願う 鳥にあらざればその心を知らず」とは鎌倉前期の歌人・ 鴨長明(かものちょうめい)による随筆集『方丈記(ほうじょうき)』に出てくる言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?
50歳で俗世間から離れ出家して隠遁(閑居)生活を送った鴨長明とはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】高慢はつねにかなりの愚かさに結びついている by ヒルティとはどんな人物?どんな意味・解釈・教訓は?

高慢は常にかなりの愚かさに結びついているヒルティ

【本日の名言】「高慢はつねにかなりの愚かさに結びついている」とはスイスの法学者・哲学者 ヒルティ(カール・ヒルティ)による著書『幸福論』に書かれている言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?敬虔なクリスチャンであり、政治家でもあったヒルティとはどんな人物?

続きを読む