【本日の名言】容易な道を選んではならぬ近道を抜けてはならぬby 有島武郎とはどんな意味・解釈?

【本日の名言】「容易な道を選んではならぬ 近道を抜けてはならぬ」とは明治・大正期の小説家・ 有島武郎(ありしまたけお)による言葉だがその意味とは?この言葉の解釈・教訓は?有島武郎とはどんな人物?何をした人?最後は女性記者と不倫の末に情死(心中)したって本当?




『容易な道を選んではならぬ 近道を抜けてはならぬ』の意味とは?

この言葉の出典は大正時代の作家・有島武郎(ありしま たけお)による
『大いなる健全性へ』よりの出典である

容易な道を選んではならぬ 近道を抜けてはならぬの意味とは?

容易な道
簡単でたやすいことばかりを選び
近道 抜け道、手っ取り早い方法を選んで
人間は楽な方楽な方へと行ってしまうものだが
楽をした報いは必ずあとになってやってくるものだし、その時にはもう取り返しがつかないものだ

遠回りになっても苦労をすることも時には必要だろう。
遠回りしたことがかえって近道になることも往々にしてあるもの。

「急がば回れ」ということにやや近い意味である。

『急がば回れ』ということわざ、慣用句の意味・解釈としては
危険な近道をするようり安全な本来の正しい道を回った方が、結局は早く目的地に着く。という意味
成果を急ぐのであれば、パっと見は遠回りにみえても、着実な方法を取るべきだという教訓。




有島武郎 (ありしま たけお)とはどんな人物?

有島武郎とは明治・大正期の小説家・評論家

有島武郎の肖像

出典:Wikipedia

1878年誕生〜1923年没(享年45歳・自殺)

有島武郎は横浜関税長になった父親の家庭に生まれた。
幼いころから文明開化の気風で育つ。父親の方針でアメリカ人家庭で生活し、
ミッション・スクールに通い、西洋文化・西洋思想になじんで育った。

学習院を経てから札幌農学校(現在の北海道大学)
さらにアメリカへ留学し、ハバフォード大学やハーバード大学の大学院まで行き学んでいる

ホイットマンやトルストイ、社会主義に傾倒し、西洋哲学に影響を受け
洗礼を受け、キリスト教に入信した時期もあった。

日本に帰国後は大学の英語講師などをして過ごしていた

実の弟の有島生馬(ありしま いくま)西洋画家、作家、セザンヌを日本に初めて紹介した人として有名
生馬より紹介され、武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)志賀直哉(しがなおや)らと出会い
同人誌『白樺』の創刊に参加した。
有島武郎はいわゆる「白樺派」の中心人物の一人である。

1916年に妻を肺結核によって亡くし、相次いで父も亡くした

1917年『死と其の前後』あたりから創作活動が活発となる

この時期には『カインの末裔』『生まれ出づる悩み』『迷路』『或る女』など有島武郎の代表作となる小説の多くが発表された

本能愛のなかに自我の完成の可能性をもとめる論を多く残したが・・・・
『惜しみなく愛は奪ふ(う)』など

やがて

婦人公論の女性記者をしていた波多野秋子(はたのあきこ)と恋愛に落ちるが
彼女は人妻であり、じきに不倫関係が、秋子の夫にばれ、夫からの脅迫をうけ
有島武郎と駆け落ちしたのち、軽井沢の別荘にて首を吊り自殺した。

「階級闘争の激化に対する自己の限界を表明し、思想的苦悩の結果として財産を放棄し自殺」
「社会主義の台頭とともに思想的に動揺し波多野秋子と心中した」などと言われている

有島武郎に関する作品

上記の作品の他に
『クララの出家』『凱旋』『かんかん虫』『酒狂』『骨』『文化の末路』『小さき者へ』『大いなる健全性へ』など著書は多数

魯迅(ろじん)によって紹介され、教科書にも載っているため
中国でも認知度が高い日本の作家である。

スポンサーリンク

昨日の名言・明日の名言・毎日日々これ名言

名言128しせいてんにつうず 名言女の美は性格の中情熱の中にある 名言鶏口牛後とは? 一度も戦わないよりは戦って負ける方がよい 年を重ねただけでは老いない 本日の名言 己自身を統治できぬ者は自由ではない 本日の名言頭をもたげよ名言、本当の勇気とは臆病と向こう見ずの間




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA