【本日の名言】 満足は天然の富だ by ソクラテス の意味・解釈・教訓とは?

満足は天然の富だbyソクラテス

【本日の名言】「満足は天然の富だ」 by ソクラテス  とは ギリシャの哲学者 の ソクラテス による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?生涯を善性の探求に捧げ、最後は告発によって死刑に処されたソクラテス(Socrates)、哲学の祖の一人と呼ばれるソクラテスとはどんな人物?そのほかの名言や関連する本などを紹介




【本日の名言】「満足は天然の富だ」の意味・解釈・教訓とは?

この言葉は ギリシャの哲人ソクラテス による名言である

「満足は天然の富だ」の言葉の意味とは?

満足は天然の富だ

から得られる教訓としては??

その人が置かれた状況をそのまま受け入れ満足できるということはそれだけで心豊かなことである。そういう心を生まれ持っていうることがその人の富、すなわち財産である。

他者からどれだうらやまれるような生活をしていても、金銭的に金持ちであったり、才能にあふれていたり、幸せそうにみえてもいくら他人からみて幸福そうに思われても、本人が『満足』を得ていなければ、その人の心は決して豊かである(富んでいる)とは言えないだろう。

金銭的に恵まれていなくても、どれだけ平凡な暮らしをしていようとも、その生活の中に『満足』することが」できているのであればその人は心が豊かであると言えるだろう。

どんな状況、状態、不運にあったとしても、そんな負の状況を楽しめるような心の余裕や、状況を工夫などをすることによって『満足』できる方向に持っていけるという才能はまさに天然の富だろう。

ソクラテス のその他の名言や関連本おすすめ

私が知っているのは
自分が何も知らないということだけだ

良い本を読まない人は
字の読めない人と等しい

あらゆる言動を褒める人は信頼に値しない
間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる

生きるために食べよ
食べるために生きるな

討論が終わったとき
悪口は敗者の道具となる

ねたみとは魂の腐敗である

『マンガと図解で知る2 ソクラテス ーその人と思想』もっとも有名な哲学者ソクラテス。彼は、あらゆるものの本質や真理を知ろうとする「愛知」の精神をもち、自らの生き方を貫くために刑死の道を選びました。本書はソクラテスの一生と思想を多くのマンガ・図解を用いてやさしく解説した、哲学の入門書。

『ソクラテスの弁明 関西弁訳』せやけど、その帰り道に思ったんです。確かにあの人よりもわたしの方が知恵があるやもしれんと。ちゅうのは、あの人もわたしも、お互いに善についても美についても、ようわかってないと思うんやけど、あの人は九割方わかってるっちゅうことでわかった気になってはる。(本文抜粋)
これって落語?それとも哲学?生きることの意味、善と悪、国家と法、死の捉え方…賢人ソクラテスのメッセージが、生きた言葉として、いま私たちに届きます。でも、なんで関西弁!?哲学書の限界を超えた面白さ。

『ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室』“猫を殺したらダメなのに、蚊は殺してもいいの?”
“どうしてピンポンダッシュをやっちゃいけないの?”子どもはみんな哲学者。彼らの問いには、哲学的な思考がつまっています。
自由と責任、動物と倫理 、正義と公正、幸福、人間性……など、ドイツ人哲学者と子どもたちとの哲学対話を通した哲学入門書。ドイツ発白熱哲学教室、日本上陸!哲学とは、学びの場です。<自由と責任> “どうしてピンポンダッシュをやっちゃいけないの?”
<動物と倫理 > “動物を殺してはいけないのに、お肉は食べてもいいの?”<正義と公正> “お誕生会に好きな友達だけを呼ぶのは不公平なの?”<幸福 > “人は有名になっても幸せにならないの?”<人間性> “オウムは言葉が話せるから人間性があるんじゃない?”

 

ソクラテス(Socrates )とはどんな人物?何をした人?

ソクラテス
(ギリシャ語:Σωκράτης、ラテン語:Socrates)

ソクラテス

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

紀元前(BC)470年ごろ 古代ギリシャ・アテナイ で誕生〜
紀元前(BC)399年毒没(享年70歳)

ギリシャの哲学者

ソクラテス に関するエピソードや人物像

父は彫刻家、母は助産師のもとに生まれる。前半生のほとんどが謎であるが後半生〜晩年にかけての活躍で知られる。

ソクラテス本人は著作を残さなかったためにその学説は弟子のプラトン、クセノフォン、アリストテレス、アリストファネスの著作によって知られる。

『無知の自覚』、『汝自身を知れ』のもとに厳密な論理と方法をもって真の知=徳に至る道を説いた。

ソクラテスの妻クサンティウペの悪妻伝説は後世の作り話であるとされる。

70歳の時にメレトスやアニュトスらに告発され、不敬神の罪によって死刑を宣告され毒杯を飲んで死んだ

『饗宴 ソクラテス最後の事件』哲人ソクラテスとクリトンが、ある祝宴に招かれた翌朝。宴席にいた貴族の青年が、広場の中心で奇妙な死を遂げた。アクロポリスの裏では異国風の青年のバラバラ死体と、不可解な文字と模様が刻み込まれた陶器と円盤が発見される。謎の“ピュタゴラス教団”と、人造人間“ホムンクルス”の仕業か?都市国家・アテナイの命運をかけた大事件の真相に変人ソクラテスが鮮やかな推理で迫る!圧巻の長篇本格ミステリ。




昨日の名言・明日の名言・毎日日々これ名言・おすすめ名言

話のネタ・話のタネ・名言カテゴリー
生きるためのヒントとなる名言【本日の名言】人生のヒントとなる偉人たちの毎日名言集【日々これ名言】
名言128しせいてんにつうず 名言女の美は性格の中情熱の中にある 名言鶏口牛後とは? 一度も戦わないよりは戦って負ける方がよい 年を重ねただけでは老いない 本日の名言 己自身を統治できぬ者は自由ではない 本日の名言頭をもたげよ名言、本当の勇気とは臆病と向こう見ずの間

SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA