【本日の名言】 自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである by プラトン の意味・解釈・教訓とは?

自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである

【本日の名言】「自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである」by プラトンとは ギリシャの哲学者 プラトン による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?古代ギリシア最大の哲学者ソクラテスの弟子で霊魂の不滅を主張したプラトン(Platon、プラトーン)とはどんな人物?そのほかの名言や関連する本などを紹介




【本日の名言】「自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである」の意味・解釈・教訓とは?

この言葉は古代ギリシャ最大の哲学者 プラトン による 名言である。

「自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである」の言葉の意味とは?

自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである

から得られる教訓としては??

自分に打ち勝つことは勝利のうちの最大のものである

自分に打ち勝つとはどういうことか。
人間は誰しも、誘惑に弱いものである。食欲、睡眠欲、色欲、姿形をよく見られたいだとか、だらけたい、怠けたい、楽をしたい、例を挙げればきりがないほど人間の欲も多ければ、誘惑も多い、楽をする道をどうにか探してしまうものである。
しかし、自分の欲望であったり、誘惑に対して自分の心を律し、自分自身を抑制できるようになること、自分に打ち勝つことができるということは、あらゆる勝利のうちで最も価値のあるものである。
他人と勝負して勝つことよりもまずは己と向き合って勝つことが大事である。

プラトン(プラトーン) のその他の名言や関連本おすすめ

『饗宴』なぜ男は女を求め、女は男を求めるのか? 愛の神エロスとは何なのか? 悲劇詩人アガトンの優勝を祝う飲み会に集まったソクラテスほか6人の才人たちが、即席でエロスを賛美する演説を披瀝しあう。プラトン哲学の神髄ともいうべきイデア論の思想が論じられる対話篇の最高傑作

『ティマイオス/クリティアス』宇宙創造から人類の誕生までを物語る壮大な『ティマイオス』は、プラトンの著作中、もっとも広く長く読み継がれてきた。西洋思想史におけるその影響は甚大であり、現代でもなお西田幾多郎、ホワイトヘッド、ヴェイユからクリステヴァ、デリダに至るまで刺激を与え続けている。その続編の『クリティアス』はアトランティス伝説で有名な未完の書。古代ギリシアの叡智が語る壮大な自然哲学、久々の新邦訳。

『プラトン哲学への旅: エロースとは何者か』本書は、哲学者プラトンの代表作で、古代ギリシア語の散文作品として名高い『饗宴』のなかに、語り手の「私」(「現代からの客人」)が列席し、ソクラテスら演説者たちと「愛(エロース)」をテーマに競演する、類を見ない教養新書である。「哲学(フィロソフィア)」という言葉は「知(ソフィア)」を「愛し求める(フィレイン)」という意味の合成語。哲学=愛であることが、いま明かされる。

 

プラトン (プラトーン)とはどんな人物?何をした人?

プラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων)

プラトンの肖像

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

BC427年 アテネ で誕生〜 BC347年 アテネにて没
ギリシャの哲学者

プラトン に関するエピソードや人物像

アテナイの貴族出身である。

ギリシャの哲学者、ソクラテスの弟子でアテナイ市内にアカデミア(学園)を開いた人物である。
最も正義の人と信じてやまなかったソクラテスの不条理な死と、当時の政治情勢に対する失望から哲学の道に入る。

プラトンの著作のほとんどが師匠ソクラテスを中心とする対話篇である。
アカデミアでは真に理想の国家の統治者となるべき人材の養成を目的としていた。




昨日の名言・明日の名言・毎日日々これ名言・おすすめ名言

話のネタ・話のタネ・名言カテゴリー
生きるためのヒントとなる名言【本日の名言】人生のヒントとなる偉人たちの毎日名言集【日々これ名言】
名言128しせいてんにつうず 名言女の美は性格の中情熱の中にある 名言鶏口牛後とは? 一度も戦わないよりは戦って負ける方がよい 年を重ねただけでは老いない 本日の名言 己自身を統治できぬ者は自由ではない 本日の名言頭をもたげよ名言、本当の勇気とは臆病と向こう見ずの間

SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA