ことわざ

【本日の名言】未熟でいるうちは成長できる byレイ・クロックの意味・解釈・教訓とは?

マクドナルド創業者レイクロックの名言未熟でいるうちは成長できる

『未熟でいるうちは成長できる』この言葉はマクドナルド創業者の レイ・クロックによる言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?
実は本当の創業者ともいえるマクドナルドの大元を作ったのはマクドナルド兄弟なのに、どうしてレイ・クロック氏がマクドナルド創業者となったのか?レイ・クロックとはどんな人物?そのほかの名言や関連する本などを紹介
続きを読む

【本日の名言】知識よりも知恵をだせ! by安藤百福 とはどんな意味?解釈・教訓とは?

安藤百福の名言知識よりも知恵を出せ

【本日の名言】『知識よりも知恵をだせ』by安藤百福(あんどうももふく)とは日清食品創業者世界初の即席麺インスタントラーメン発明者 の安藤百福による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?安藤百福とはどんな人物?そのほかの名言や関連する本などを紹介
続きを読む

【本日の名言】人生のヒントとなる偉人たちの毎日名言集【日々これ名言】

生きるためのヒントとなる名言

【随時更新中】本サイトで紹介した人生のヒント【本日の名言】に関するページへのリンク集です。
ただ単に有名な優れた言葉というだけではなく、生き方に悩む時、努力をしても結果が出ない時など生きていく上で力を与えてくれたりするような物事の本質、人生の真実を言い得て妙に表した名言を残した人物についてや関連書籍などへのリンクなど

続きを読む

【本日の名言】進まざる者は必ず退き退かざる者は必ず進むby福沢諭吉(ふくざわゆきち)の意味・解釈・教訓とは?

進まざる者は必ず進み退かざる者は必ず進む

【本日の名言】進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む』by福沢諭吉(ふくざわゆきち)の意味・解釈・教訓とは?
『進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む』とは慶應義塾創設者・福沢諭吉(ふくざわゆきち)による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?福沢諭吉といえば一万円札の肖像として有名ですが緒方洪庵のもとで蘭学を学び、遣米使として江戸時代にアメリカに渡った福沢諭吉とはどんな人物だったのか?
福澤諭吉から渋沢栄一に一万円札の顔が変わるのはいつから?など
続きを読む

【本日の名言】才能を疑い出すのがまさしく才能のあかしなんだよbyホフマンとはどんな人物・意味・解釈・教訓とは?

才能を疑い出すのがまさしく才能のあかしなんだよホフマン

【本日の名言】「才能を疑い出すのがまさしく才能のあかしなんだよ」とはドイツの小説家・作曲家・裁判所判事でもあったE・T・A・ホフマンによるものであるがその意味・解釈・教訓とは?昼間は法律家・夜はドッペルゲンガーや磁気催眠術師などが登場する怪奇と幻想が入り混じったような独特の世界観を描き出す作家の二重生活を送ったE・T・A・ホフマンとはどんな人物だったのか?

続きを読む

【本日の名言】まけてのく人をよわしとおもうなよ知恵の力の強きゆえなりby高杉晋作とはどんな人物・意味・解釈・教訓は?

まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり 高杉晋作

【本日の名言】「まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり」とは幕末の尊王攘夷派の急先鋒の志士高杉晋作(たかすぎしんさく)による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?幕末の動乱期に生き、時代を駆け抜け、日本という国を大きく旋回させながら、大政奉還も明治維新も見ることなくたった27歳でその生涯を終えた高杉晋作とはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】自ら見る、これを明と謂(い)うby韓非(かんぴ)とはどんな人物?意味・解釈・教訓は?

自ら見るこれを明と謂う韓非

【本日の名言】「自ら見るこれを明という」とは中国戦国時代の思想家・韓非(かんぴ)による著書『韓非子(かんぴし)』に出てくる言葉であるが、この意味・解釈・教訓とは?最後は服毒自殺を遂げた韓非とはどんな人物か?秦の始皇帝が感銘を受けた『韓非子』とはいったいなにか?

続きを読む

【本日の名言】和らぐをもって貴しとし さからうること無きを宗とすby聖徳太子(しょうとくたいし)の意味・解釈・教訓とは?

和らぐをもって貴しとし さからうること無きを宗とす

【本日の名言】「和らぐをもって貴(たっと)しとし 忤(さから)うること無きを宗(むね)とす」とは飛鳥時代の皇族で政治家・聖徳太子(しょうとくたいし)により制定された『十七条憲法(じゅうしちじょうけんぽう)』の冒頭第1条部分に出てくる言葉が元であるが、その意味・解釈・教訓とは?学校では習った気もするが、忘れかけている聖徳太子ってどんな人物?なにをした人?

続きを読む

【本日の名言】物はとにかく時節をまたねば願うことも成就せず短慮は功をなさずby滝沢馬琴(ばきん)とは意味・解釈・教訓は?

物はとにかく時節をまたねば願うことも成就せず短慮は功をなさず馬琴

【本日の名言】「物はとにかく時節(じせつ)をまたねば願うことも成就(じょうじゅ)せず、短慮(たんりょ)は功(こう)をなさず」とは江戸後期の戯作家・曲亭馬琴(きょくていばきん)こと滝沢馬琴(たきざわばきん)による著書『占夢南柯後記(ゆめあわせなんかこうき)』に出てくる言葉であるが、その意味・解釈・教訓とは?日本のシェークスピアとも称された滝沢馬琴とはどんな人物?

続きを読む