こんなにあるの!?英国(イギリス)グレートブリテンの海外領土の国々

世界中に散らばるイギリスの海外領土の国々

世界中に散らばる英国(イギリス)領の国々って国であって国でない!?
『世界にある国の数はいくつある?』日本国政府が承認している国の数は196カ国だけど国連加盟国193カ国・・・国連加盟してる国だけが国の数じゃない?「国連非加盟の国ってどのくらいあるの?」世界にある国連非加盟の国(地域)について英国(イギリス)ことグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の領土にある国々編です。

こちらの記事もどうぞ↓
【国の数とは?】世界にある国の数と日本が認める国の数が違う!?国連非加盟国リスト




目次

英国(イギリス)の正式名称は?

話し言葉ではイギリス、書き言葉では英国と称されることが多いけど
通称イギリスの正式名称きちんと覚えてる??

ああ、たしか結構長いのが正式名称だったよね〜・・・・って
学生時代に本当の正式名称を暗記したような記憶がうっすら・・・って人が多いと思うが

英国ことイギリスの正式名称は

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
(ユナイテッッドキングダムオブグレートブリテンアンドノーザンアイランド)

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国

って、やっぱ長っ!
ちなみにアイルランドのくだりは北部アイルランドと表記されることもある。

そうこのグレートブリテン及びなんちゃらこと英国(イギリス)はヨーロッパにある国というイメージが強いが
現在も英国領の一部となっている国が世界中にこれだけあるのはご存知だろうか??

世界地図で見る英国領土

イギリスの領土の国々の国旗

 

この世界に散らばる英国領との多さを見るとイギリスが本当の意味での世界最大の国と言っても過言ではないだろう。
そんな英国の海外領土の中にある国々について紹介していこう。

イギリスの海外領土とは?

イギリスの海外領土(イギリスのかいがいりょうど)とは
イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド以外で、
イギリスの政治的権限が及ぶ領域である。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

イギリスの海外領土は第二次世界大戦後に独立するか、返還される(例:香港)などしたが
現在でも独立せずに英国の海外領土としてとどまっている国や地域であり、属領という呼び方をされることもある。

独自の高度な自治権を持っている地域が多いが、外交や軍事の最終責任は本国である英国が負うことになる。

ジャージー  Jersey 高度な自治権を有する王室属領

(法的には英国に含まれる)

ガーンジー島 Guernsey
マン島  Isle of Man
バミューダ Bermuda 総督の権限は形式化されたもので実質英連邦王国とほぼ同じ
セントヘレナ  Saint Helena イギリス本国任命の総督が行政府の長、

住民代表による立法議会をもつ

ピットケアン島  Pitcairn Island
フォークランド諸島 Falkland Islands
ケイマン諸島 Cayman Islands
アンギラ   Anguilla 本国に任命された総督が任命する者が行政府の長となる
ジブラルタル  Gibraltar
タークスカイコス諸島 Turks and Caicos Islands
モントセラト Montserrat
英領ヴァージン諸島 British Virgin Islands
イギリス領インド洋地域 British Indian Ocean Territory イギリス本国が任命する総督が統治する
(基本的に定住者のいない地域)
サウスジョージア South Georgia
イギリス領南極地域  British Antarctic Territory
イギリス主権基地領域
アクロティリおよびデケリア
Sovereign Base Areas of Akrotiri and Dhekelia
イギリス本国が任命する総督が統治する
住民代表の立法議会はない




イギリスの海外領土にある国々

世界に散らばる英国領土の国々

世界地図で見る英国の領土


ジャージー Jersey とはどんな国?

Bailiwick of Jerseyと英語で表記されるためジャージー代官管轄区と訳されることも

英国領 ジャージー Jersey がある場所は
西ヨーロッパ、フランス北西部、イギリス海峡
高度な自治権を持ったイギリス王室属領(Crown dependencies)であるジャージー

英国王室属領ジャージー国旗

ジャージーの国旗

英国王室属領ジャージーの地図

イギリス王室属領であり、
外交、国防に関しての最終責任は英国が負うが
ジャージーは高度な自治権を持ち、英国の法律や税制などは適用されない

ジャージーの基礎情報

  • ジャージーの行政所在地(首都/主都)セントヘレナ
  • ジャージーの公用語英語・フランス語(ジャージー語)
  • ジャージーの通貨ジャージー・ポンド、UK(英国)ポンド(GBP・イギリスポンド)
    ジャージーポンドとイギリスポンドは等価。
    ジャージー島内では英ポンドが使えるが、ジャージー・ポンドはジャージー島以外では使用不可
  • ジャージーの面積116㎢ チャンネル諸島内のジャージー島、マンキエ諸島、エクレウ諸島などにより構成される。租税回避地でもあるため島内に50もの銀行がある。
  • ジャージーの人口約9万6千人
    ジャージー住人は主にジャージー人、イギリス系、ブルターニュ系フランス人が居住している

ジャージーの歴史と近況

ヴァイキング時代の
933年ノルマンディ公がブルターニュ公国からチャンネル諸島を奪う
1066年 ノルマンディ公(ギヨーム2世)がイングランドを征服し、イングランド王ウィリアム1世となる。
イングランドとノルマンディは一つの王室の元で支配されていたが、ジャージー島はノルマンディ公国の領土とされた。
ジャージーはイギリスとフランスによって振り回された
中世のノルマンディー公国の最後の地である。

1204年 
フランスによってノルマンディ地方が剥奪されるが、ジャージー島はイングランドの領土としてとどまった。
それ以降、ジャージーは英国王室の直轄の地である。

第二次世界大戦中、唯一ナチス・ドイツ軍が占領した英国の領土である。

ジャージーの経済の中心は金融業
である。ジャージーはタックスヘイブン(租税回避地)として有名である。
その他、観光、農業も盛んである。

ジャージー牛乳などの乳製品でも有名なジャージー牛の原産地である
運動用の衣服などの『ジャージ』の語源もこの島からである。
アメリカのニュージャージー州もこの島に由来

している。

ガーンジー島 Guernseyってどんな国?

英国領ガーンジー島 Guernseyは正式名称Bailiwick of Guernsey と表記されるため
日本語ではガーンジー代管管轄区とも呼ばれる

ガーンジー英国王室属領の国旗

ガーンジーの国旗

英国領ガーンジーの地図
ガーンジーがある場所はイギリス海峡、チャンネル諸島にある島々
ガーンジーは高度な自治が認められたイギリス王室属領である。

ガーンジーの基礎情報

  • ガーンジーの行政所在地(主都•首都)セント・ピーター・ポート
              (フランス語ではサン・ピエール・ポール
  • ガーンジーの公用語英語とフランス語
  • ガーンジーの通貨ガーンジー・ポンドとUK(英国)ポンド(GBP)である。
    ガーンジー・ポンドとイギリスポンドは等価であるが、ガーンジーポンドはガーンジー内でしか使えない。タックスヘイブン(租税回避地)としても有名である。
  • ガーンジーの面積78㎢ メインの島であるガーンジー島を中心にした周囲にある
    オルダニー島、サーク島、ハーム島などその他の小島によって構成
  • ガーンジーの人口約六万五千人2013年調べ)
    イギリス人および、ノルマン系フランス人が主な居住者である。

ガーンジーの歴史と近況

BC(紀元前)6500年頃はフランス本土と繋がっていた
ガーンジーの先住民は狩猟民族だが
BC5000年頃農耕民族に追いやられた

933年 ノルマンディ公がブルターニュ公国からチャンネル諸島を奪う
以降、上記
ジャージー島の歴史とほぼ同一の歴史を辿る。

マン島  Isle of Manってどんな国?

マン島 (英国領) はマン島語では:Ellan Vannin、またはMannin
英語では Isle of Man または Mann

英国王室属領マンの国旗

マン島の国旗

マン島の地図上の位置

マン島がある場所は西ヨーロッパ、アイリッシュ海中央部にある島
(英国本土)グレートブリテン島とアイルランド島の間にある
マン島は自治権を持ったイギリスの王室属領(Crown dependency)
マン島独自の自治権を持っているが
軍事、外交の最終責任はイギリス本国に委ねている



マン島の基礎情報

  • マン島の行政所在地(主都・首都)ダグラス
  • マン島の公用語英語とマン島語である
    マン島語
    の話者は絶滅したが、言語復権運動が盛んであり、
    マン島独自の言語の「マン島語」も公用語である。
  • マン島の通貨マンクス・ポンドとイギリス・ポンド(GBP)であり、等価である。
    マンクスポンドはイギリス本国では通用しない。

  • マン島の面積572㎢
  • マン島の人口約八万六千人(2013年調べ)
    白人が96%、その他アジア系など
。
    マン島住人は完全なイギリスの市民権を持っている
    マンクスパスポート
    というマン島独自の旅券がある

マン島の歴史と近況

マン島はBC(紀元前)8000年頃までは陸続きであった。
原住民はBC6500年頃から人が住んでいたと考えられる。

8世紀の終わり頃からヴァイキングが定住し
、世界最古の議会ティンワルドによる政治をおこなった

。
ノルウェー王国の一部となる。

1266年にマン島はノルウェーからスコッランドに譲渡されたが
13世紀以降はマン島の支配権がスコットランドからイングランドへとコロコロと変わった

15世紀はじめにマン島はイングランド王家のものとなって
以降、伯爵家や公爵家がマン島の領主を引き継いだが、
1765年にマン島領主の権利英国政府に7マンポンドで売却された。

マン島には第二次世界大戦中に日本人の収容所があった。

マン島は


イギリス本国からの独立意識が高い

マン島の経済の主軸は伝統農業観光業である。
マン島内を1周する公道を走るオートバイレースが有名(世界最古のオートバイレース)

タックスヘイブン(租税回避地)としても有名だが、アメリカアップル社など国際的な大手企業の脱税目的の地の一つとして
マン島はパラダイス文書問題の舞台としても有名である。

出典:Wikipedia

 

尻尾のない猫『マンクス』が突然変異で発祥したのはマン島である。
マン島特有の固有種として一時、
マン島政府の国費でマンクスのブリーダー運営をしていたことがある

バミューダ Bermuda とはどんな国?

バミューダBermuda があるのは北アメリカ・北大西洋にある諸島、
アメリカのサウスカロライナ州の東

英国領バミューダの国旗

バミューダの国旗

英国海外領土バミューダの地図上の位置

バミューダの基礎情報

  • バミュータ諸島の行政所在地(主都•首都)はハミルトン
  • バミューダの公用語英語とポルトガル語
  • バミューダの通貨バミューダ・ドル(BMD)
    バミューダドルはイギリス領のバミューダ諸島の通貨だがアメリカドル(USD)と等価である。
  • バミューダ諸島の面積53.3㎢
    最大の島はバミューダ島である。周囲の小島(セント・ジョージ島、ソマーセット島、アイルランド島など)と150もの珊瑚礁や岩礁から構成され
  • バミューダ諸島の人口約六万五千人
    
6割が黒人、その他白人、混血ムラートなど

バミューダの歴史と近況

16世紀初めにスペイン人によって発見された。
バミューダ諸島は発見当初から長らく無人島だった。

1609年 アメリカのバージニア州の植民地を目指した英国バミューダ沖で嵐によって遭難し、
1隻の難破船がバミューダに漂着し、定住を始めた。

このことをきっかけにして、バミューダ諸島の入植が開始された。

1684年 正式に英国の植民地となった。

バミューダは位置的に本国英国よりもアメリカにほど近いため、ヨーロッパとアメリカを結ぶ中継基地となった。
古くから、北米の寒さから逃れるためのリゾート地(避寒地)として観光業が栄えた。
現在にいたるまで観光業がバミューダ諸島の経済のメインである。

バミューダの歴史は英国の海外領土の中で最も古い、そして最も多くの人口を抱える。
英国の海外領土の中で最も政治的・経済的ともに自立している。
が、しかし、1995年の英国からの独立を問う住民投票は否決された。

バミューダもまたタックスヘイブン(租税回避地)としてオフショア金融の地として非常に成功している。

バミューダトライアングルとは?

アメリカフロリダ半島、プエルトリコ、バミューダ諸島を繋ぐ三角形の海域を指す魔の三角海域のこと

バミューダトライアングルと呼ばれるバミューダ諸島の近海水域は
浅瀬や岩礁が多い地形のために、船の難破が多い
多くの船が沈没しており、バミューダは魔の海域として知られている。
舶だけではなく、飛行機や、なぜか飛行機の乗務員だけが消えるなどの超常現象が起こる領域として有名である。
理由としてはブラックホールが存在する説や宇宙人がUFOによる仕業であるとする説、
タイムスリップ説など様々なことが言われているが実際のところは謎のままである。

リゾートファッションウェアとして流行したバミューダショーツ
バミューダ諸島の公式の正装と同じ扱いである。
バミューダは独自のオリンピック委員会を持ち、
バミューダの代表は冬季オリンピック開会式でもバミューダパンツで登場する。

バミューダにおいては総督の権限を形式化したもので、実質上、英連邦王国と大差ない。

セントヘレナ  Saint Helenaとはどんな国?

セントヘレナ  Saint Helena
セントヘレナがある場所は南大西洋
アフリカ大陸より東約2800km地点にある島。

英国海外領土セントヘレナの国旗

セントヘレナの国旗

英国領土セントヘレナの地図上の場所

地球上の絶海の孤島の一つである。

セントヘレナの基礎情報

  • セントヘレナの行政所在地(首都•主都)ジェームズタウン
  • セントヘレナの公用語英語
  • セントヘレナの通貨セントヘレナ・ポンド(SHP)
    セントヘレナポンドは英国ポンド(イギリス・ポンドGBP)と等価である
  • セントヘレナの面積122㎢ 火山島 セントヘレナ島
  • セントヘレナの人口約四千三百人
    セントヘレナの住人は8割以上が
セントヘレナ人
    (イギリス系白人とアフリカ系黒人などの混血)

セントヘレナの歴史と近況

1502年 ポルトガル人によってセントヘレナが発見された。
発見時は無人島であった。
ポルトガル人によってヨーロッパ・アジア間の給水地・中継地点として使用された

最初に定住したのはポルトガル人

であった。

1633年 オランダがセントヘレナの領有権を主張したが
入植せず、
1651年にオランダが南アフリカの喜望峰に入植するまでセントヘレナは放置された状態であった。

1657年 英国イギリス東インド会社にセントヘレナの行政権を認める。
セントヘレナは要塞として植民化

された。(英国の植民地としては2番目に着手された。ちなみに1番目はバミューダ)


イギリス東インド会社の領有地となり植民が進む

1658年に建設された砦が現在の首都のジェームズタウンである
1676年 ハレーすい星で有名なエドモンド・ハレーが天文台をセントヘレナに設置して天体観測の拠点となった。

1810年以降は寄港地として使用されていた

一番近い大陸からですら2800kmも離れた小島であるセントヘレナは、

絶海の孤島の一つという土地柄
流刑地としても利用された。かの有名なナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)が幽閉されていた(1815年〜1821年)

1833年 セントヘレナは英国王領直轄地となる(インド法)
1853年には日本へ来航するペリー提督が燃料(石炭)補給のためにセントヘレナに寄港している。
1869年にスエズ運河が開通してからはセントヘレナへの交通量は減少した。

近年まではセントヘレナと南アフリカのケープタウンを結ぶ船便が3週間に1回のペースで往来していたが、
1度の往復で5日間かかるペースでは観光客呼び込むこともできなかった上、日常の生活物資の確保も困難であった。

2017年にようやくセントヘレナに空港が完成し船便は2018年に終了した。
現在では南アフリカのヨハネスブルグからの飛行機の定期便が就航している(週1回)





セントヘレナの経済の中心は漁業や、農業、土産物の手工芸品であるが
ナポレオンが流刑、幽閉された島、ナポレオン最後の地としての観光も注目されている。
が、経済規模は小さくイギリス本国からの援助に依存している。
失業率も高いため、多くのセントヘレナ住民は別の島へ移住している。

ピットケアン島  Pitcairn Islandとはどんな国?

ピットケアン島
Pitcairn Island (ピトケアンアイランド)もしくは
Pitcairn Group of Islands(ピトケアン諸島)

ピトケアンの国旗 英国海外領土

ピトケアン諸島の国旗

ピトケアン諸島の地図上の場所

ピトケアン諸島がある場所はオセアニア、南太平洋上 ペルーとニュージーランドの中間らへんにある島。
周囲300kmには人の住む島や陸地はない絶海の孤島と呼ばれる場所の一つである。

ピトケアン諸島の基礎情報

  • ピトケアンの行政所在地(首都/主都)はアダムスタウン(ピトケアン島)
    アダムスタウンは世界最小の主都
  • ピトケアンの公用語ピトケアン語と英語
  • ピトケアンの通貨ニュージーランドドル(NZD)だが、
    島内の土産物店では米ドルの表示もあり米ドルも使用可能
  • ピトケアンの面積47㎢
    ピトケアン島と周囲の島(デュシー島、オエノ島、サンディ島、ヘンダーソン島)から構成される。有人島はピトケアン島のみ。ヘンダーソン島は世界自然遺産。
  • ピトケアンの人口はおよそ50人ほど。
    
ピーク時(1937年)でも233人の小さなコミュニティである

。
    バウンティの反乱軍の子孫とタヒチから連れてこられたタヒチ系ポリネシア人妻たちの子孫が居住している

ピトケアン諸島の歴史と近況

ピトケアン島の先住民はポリネシア人で、15世紀ごろまで住んでいた。



スペイン人が最初に島を発見した時には無人島だった。

1767年 イギリス軍士官候補生ピトケアンによって発見された

1789年に反乱を起こしたバウンティ号反乱事件の反乱者たちが
、
1790年タヒチから連れ去ってきたタヒチ人たちとともに逃げ込んだピトケアン島で自給自足の生活を始める。

バウンティ号の反乱者たちとタヒチ人妻たちの間に起こったトラブルによって、島では壮絶な殺し合いがあった。

1800年ごろは バウンティ号反乱者の最後の生き残りタヒチ人妻と十九人の子供たちが島で暮らしていた

1814年に英国船がピトケアンに来訪したことをきっかけに、始めてバウンティ号の反乱事件が発覚する。
反乱者の

最後の生存者であるジョン・アダムスの名をとってアダムスタウンという町がピトケアンの中心である。

バウンティ号反乱事件以来、今日にいたるまで反乱者の子孫たちが住んでいる島である。

1829年 英国の領土宣言

1838年 ピトケアン島は英国の植民地となった太平洋で最初の島であり、今では最後の島でも
ある

周囲から隔絶した


絶海の孤島の一つ
であり世界で最もアクセスが難しい島であるとも言えるだろう。
ピトケアンに空港はないため航空機でのアクセスは不可能である。

年に8往復する貨物客船が、フランス領ポリネシア地域にあるマンガレバ島とピトケアン島をつないでいるのみである。
ピトケアン島への観光客は船のスケジュールを考慮し、3日〜10日〜3ヶ月間から滞在期間を選ぶ必要がある。

この世界から孤立したリアル離れ小島の住人たちはほとんど自給自足の生活をしているため島では物々交換が行われている。
原始的な生活かと思えば、そうでなく1999年に『ピトケアン諸島少女性的暴行事件』発覚してからは
再発防止策として英国政府はピトケアン島のインフラ整備に注視したために、
ピトケアン島は絶海の離れ小島にしては英国と同様の生活水準レベルのインフラが整備されている。
(ただし水道やガスはなく、飲料水は雨水である)
大きな病院などに行く場合は約4000kmも離れたニュージーランドまで船で行く必要がある。

 

フォークランド諸島 Falkland Islandsとはどんな国?

フォークランド諸島 Falkland Islands (フォークランド•アイランズ)は
スペイン語では(Islas Malvinas)マルビナス諸島という名称である

英国領フォークランドの国旗

フォークランド諸島の国旗

フォークランド諸島の地図上の場所

フォークランド諸島の場所は南大西洋上、アルゼンチンのパタゴニアから500km離れたアルゼンチン海上にある島

フォークランド諸島の基礎情報

  • フォークランド諸島の行政所在地(首都/主都)スタンリー
  • フォークランドの公用語英語
  • フォークランドの通貨フォークランド諸島ポンド(FKP)
    フォークランドポンドはイギリスポンドと等価に固定されていて、
    英国ポンド(GBP)も流通している。
  • フォークランド諸島の面積12173㎢
    東フォークランド島と、西フォークランド島の2つの大きな島および、
    周囲の776の島々から構成される
  • フォークランド諸島の人口約三千四百人(2015年調べ)
    フォークランド諸島の住人はイギリス系白人がほとんどである。

フォークランンド諸島の歴史と近況

1520年 ポルトガルマゼランの船団によって発見されたとされるが
英国政府によると、
イギリス人探検家によって1592年に記録されたのが初めとして領有権を主張している。

発見当時は無人島であるとされたが、最近になって木製のカヌーが発見され、先住民がいたという説が有力である

1690年 東西フォークランドの間の海峡を航海した船長によってフォークランドと命名された。

1764年 フランス人がバークレー(フォークランド)に入植した。
1765年 イギリス人西フォークランドに入植し、フランスの入植に気づかずに、
フォークランド諸島を英国領有であると宣言した。

1767年 フランスが撤退することにスペインと同意してスペインがフォークランドの領有を宣言

1770年 イギリス軍が降伏
1774年 スペインのフォークランド領有を認める代わりにイギリス西フォークランドに居住する権利を得た
(英国側が領有権の放棄はしていない)

1776年 英国軍はフォークランドから撤退

1811年 南米大陸の独立運動のあおりと、英国の圧力によってスペイン系移民もフォークランドから撤退
(スペインも領有権は放棄していない)

その後、フォークランド諸島は悪天候時の避難港として英米の軍艦や捕鯨船が利用した。

1820年 アルゼンチン領有を宣言

1833年 英国海軍がフォークランドを無血占領し、
フォークランドを再度、英国領有とした。
これ以降フォークランドは英国の実効支配下となる。

アルゼンチンの抗議は届かなかった。

フォークランドは地理的にも重要な軍事戦略基地となることを、第一次、第二次世界大戦で実証した。

1982年 アルゼンチンの軍事政権がフォークランド諸島を占領したため、アルゼンチンと英国での紛争が勃発した。
(フォークランド/マルビナス紛争)

2ヶ月で英国軍が島を奪還したが、この戦争の終結は1990年である。

スポンサーリンク

その後

アルゼンチンとイギリスの国交が回復したが、フォークランドの領有権問題については棚上げされたまま
現在においてもフォークランド諸島では英国の実効支配が続いている状態である。

2013年の住民投票の結果、フォークランドの住民は英国への帰属を望む声が大多数をしめた。
しかし、この投票自体がスペイン系住人が追い出されたあとに、イギリスからの入植者に対して行った投票であるとして
この住民投票自体が無意味であるというのがアルゼンチンの主張であり、
依然として、イギリスとアルゼンチンの間は不穏な状態である、

近年、フォークランド諸島領内では油田があることが判明し、
アルゼンチンとイギリス間で石油資源に関する協定が結ばれたがそれも2007年に破棄されている。

 

ケイマン諸島 Cayman Islandsとはどんな国?

ケイマン諸島  Cayman Islands (ケイマン・アイランズ)

英国海外領土ケイマンの国旗

ケイマン諸島の国旗

ケイマン諸島の地図上の位置

ケイマン諸島がある場所は西インド諸島 ジャマイカの北西約30kmほどの地点の島々

ケイマン諸島の基礎情報

  • ケイマン諸島の行政所在地(首都•主都)ジョージタウン
  • ケイマン諸島の公用語英語
  • ケイマン諸島の通貨ケイマン諸島ドル(KYD)
    1972年にケイマン諸島ドルが導入されるまではジャマイカ・ドルが流通し、等価で交換された。
  • ケイマン諸島の面積259㎢
    3つの島(グランドケイマン島、ケイマンブラック島、リトルケイマン島)から構成
  • ケイマン諸島の人口約5万4千人(2013年調べ)
    イギリス系白人とアフリカ系黒人との混血ムラートが半数を占める。
    その他黒人が3割、白人が2割”

ケイマン諸島の歴史と近況

1503年 コロンブスによって発見された当時は無人島であった

。

ケイマンの語源はワニを意味するカリブインディオの言葉が『ケイマナス』が由来である

1655年 英国海軍スペイン領ジャマイカを奪い取り、
1670年 ジャマイカとともにケイマン諸島も英国領となった


。
ケイマン諸島には英国海兵が最初に入植した。

1961年までジャマイカとケイマンは一つの植民地として統治された。
1961年  西インド連邦が結成
1962年 ジャマイカ独立によってケイマン諸島は分離した。

ケイマン諸島の経済は観光業がメインであり、ケイマンはスキューバダイビングの名所としても有名である。
タックスヘイブン(租税回避地)としても名高く、西インド諸島の中では生活水準が高い

海賊などがケイマン諸島内に財宝を隠したという伝説があり
スティーブンソンの小説、『宝島』のモデルとなったと言われている。。

アンギラ   Anguillaとはどんな国?

アンギラ  Anguilla (アンギラ)は、島の形がうなぎに似ていることで
ラテン語(フランス語やスペイン語)でうなぎを意味する言葉に由来していると言われている。

英国海外領土アンギラの国旗

アンギラの国旗

アンギラの地図上の位置

アンギラがある場所は、カリブ海上、西インド諸島アンティル諸島 リーワード諸島の島 セントマーティン島が非常に近い。

アンギラの基礎情報

  • アンギラの行政所在地(首都/主都)バレー
  • アンギラの公用語英語
  • アンギラの通貨東カリブドル(XCD・ECD
    東カリブドルとは(East Caribbean Dollar)カリブ海の8カ国(地域)で使われている通貨である。
    英国海外領アンギラ、モントセラトのほか、ドミニカ国、グレナダ、セントルシア、セントビンセント、セントクリストファー・ネイビス、グレナディーン諸島で使用されている
  • アンギラの面積91㎢ 平坦なサンゴ礁の島であるアンギラ本島および、
    周辺の島々(サンデー島、スクラブ島、ドッグ島などの小島、少し離れたソンブレロ島も含む)で構成
  • アンギラの人口約一万六千人2013年調べ)
    ほぼアフリカ系黒人、その他白人との混血ムラートなど

アンギラの歴史と近況

アンギラの先住民族は洞窟に暮らすアラワク族であったが、カリブ族に追いやられた。

大航海時代
1493年 コロンブスによってアンギラは発見された。
発見当時は

カリブ族の抵抗にあったため上陸はしていないがアンギラと名付けた。

1632年より英国によってアンティグア島の管理下におかれた
1650年 イギリス人によって植民地化したため、カリブ族は追いやられた

1796年 フランス艦隊から攻撃される

1825年 英国はセントキッツ(セントクリストファー)島の管理下にアンギラをおいた
(アンギラ側はこのことに反対していた)

1967年 セントキッツ(セントクリストファー)、ネイビス、アンギラ、としてまとめて英国自治領になるが、
セントクリストファー島中心の政策にアンギラは反発して分離し、1967年に独立宣言をし,
1969年にアンギラ共和国として独立を宣言するが・・・
アンギラによる分離独立騒動は英国武装警察隊によって沈静化された。
アンギラは無血投降
し、英国植民地統治に戻された

1976年 アンギラでの自治権がを得る。
1980年 正式にセントクリストファー・ネイビスから正式にアンギラ単独で分離された

。

アンギラには天然資源がほとんどないが、ロブスターの輸出が有名である。
高級観光産業に力を入れている。タックスヘイブン(租税回避地)としてオフショアバンキングを推奨している
金融分野の開発に努力している

ジブラルタル  Gibraltar とはどんな国?

ジブラルタル Gibraltar

ジブラルタルの国旗 英国海外領土

ジブラルタルの国旗

ジブラルタルの地図上の場所

ジブラルタルがある場所は
南西ヨーロッパ、スペインの南端、地中海と北大西洋を結ぶジブラルタル海峡イベリア半島

ジブラルタルの基礎情報

  • ジブラルタルの行政所在地(首都•主都)ジブラルタル
  • ジブラルタルの公用語英語
  • ジブラルタルの通貨ジブラルタル・ポンド(GIP)
    イギリス・ポンドと等価である。が、本国では通用しない。
    ユーロが使える店もあるがレートは一定ではない。
ジブラルタル内には消費税がない
  • ジブラルタルの面積6.5㎢
    イベリア半島の南東の端っこのごく小さな半島部分(南北5kmほどの細長い地形)で
    北側はスペイン本土の町に繋がっている
    国境にはフェンスがある。ジブラルタルは
    「スペインの靴の中に入ったペニョン(岩山)」と称されることもある。
  • ジブラルタルの人口約三万二千人2015年調べ
    イギリス系とスペイン系で6割ほど、その他イタリア系、ポルトガル系、ユダヤ系など。1925年より前にジブラルタルで生まれた人の子孫はジブラルタル人とよばれ、
    人口の3分の2がジブラルタル人であり、イギリスの市民権を持っている。


ジブラルタルの歴史と近況

ジブラルタルには紀元前から人類が住んでいた、ネアンデルタール人の遺跡が見つかっている。

ローマ帝国支配、西ローマ帝国滅亡後は西ゴート王国支配下に

。
756年後ウマイヤ朝
1309年ナスル朝グラナダ王国の一部
1333年マリーン朝からグラナダ王国にジブラルタルは割譲された
1462年メディナがジブラルタルを奪取

1607年スペインとオランダの八十年戦争中、シブラルタル回線にてジブラルタル沖が戦場となる。

オーストリア
の軍人指揮下の海兵隊がジブラルタルを占領したことで、マラガの海戦が勃発。
イギリス・オランダ連合軍フランス・スペインの迎撃に成功し、ジブラルタルが確保された

1713年 ジブラルタルはスペインから英国領へとなる。(ユトレヒト条約が締結された)
この条約によって、スペインはジブラルタル奪回が不可能となる
が、現在でもスペインはジブラルタルの返還を求めている。

1839年 英国によって植民地宣言
ジブラルタル海峡は地中海の出入り口を封鎖できるため
軍事上も重要な地点である。

現在でも重要拠点としてイギリス海軍ジブラルタル戦隊が駐留している。

ジブラルタルは第二次世界大戦から七十年以上経った今でもヨーロッパに残り続けている最後の植民地である。

スペインはジブラルタルの主権はスペインにあるとの主張で、
1957年にスペインはジブラルタルの返還を国連に提訴した。
1967年 ジブラルタル国民による住民投票の結果は現在のイギリスによる統治が圧倒的多数でイギリス帰属が支持されている。
しかし国連判断はスペインへの返還を促している。(イギリスの植民地主義的支配として)
このジブラルタル

返還運動が高まると、ジブラルタルとスペインとの国境を封鎖するなど、スペインによる抗議行動は高まる

1985年にはこの封鎖は完全に解除され、


スペイン 英国・ジブラルタル(自治政府)によって
ジブラルタルの帰属問題についての三者会議が行われているが

、ジブラルタル独立を求める声や、
スペイン軍の船が無断でジブラルタル領海に入ってスペイン国家を流すなど現在も決着はついていない

ジブラルタルの経済のメインは駐留イギリス軍関連の軍事関連産業や自由港としての中継貿易や観光業である。
タックスヘイブン(租税回避地)として

国際会議センター、オフショアバンキング、
最近ではeゲーム(オンラインギャンブル関連)が目立っているが

ペーパーカンパニーも多く、スペイン側から問題視されている。

タークスカイコス諸島 Turks and Caicos Islands とはどんな国?

タークスカイコス諸島 Turks and Caicos Islands (タークス・アンド・カイコスアイランズ)

英国海外領土タークスカイコスの国旗

タークス・カイコス の国旗

タークスカイコス諸島の地図上の場所
タークスカイコス諸島がある場所は西インド諸島 バハマ諸島の南40km地点にある諸島

タークスカイコスの基礎情報

  • タークス・カイコス諸島の行政所在地(主都・首都)コックバーンタウン
    (グランドターク島)首都には3700人ほどが居住
  • タークスカイコス諸島の公用語英語
  • タークスカイコス諸島の通貨アメリカ・ドル(USD)
  • タークスカイコス諸島の面積417㎢
    タークス諸島ちカイコス諸島から構成される。
    珊瑚礁の平坦な石灰岩でできた40の島々である。有人島は8島のみでその他は無人島である
  • タークスカイコス諸島の人口約三万二千人
    割が白人と黒人の混血ムラート、3割が黒人、その他白人など”

タークスカイコスの歴史と近況

タークス•カイコス諸島の先住民はアラワク族と考えられるが
1942年コロンブスによって発見当時は無人島であった。

タークスカイコス諸島はスペイン領とされたが
16世紀にフランスによって買収された後、
イギリス領となったが、海賊が潜んでいた以外は無人島だった。

1681年 バミューダ諸島の塩会社の採掘者がグランドターク島に居住を始めたことによって、植民地開拓が始まった

1780年 アメリカ人によって奴隷が連行されてこられ、プランテーションでの綿栽培が進んだ。
しかし、1820年ハリケーン被害によって奴隷だけを島に残しアメリカ人は島を離れた。

1799年 英国領だったバハマにタークス・カイコスも従属されたが、その後ジャマイカに属した。

1962年 ジャマイカ英国からの独立したことによって、タークス•カイコスは単独で英国直轄領となる
1965年 バハマに再編入されたが
1973年にバハマが独立したため、タークス•カイコスは分離された

1982年にタークス・カイコス単独での独立が決定されたが、取り消されたため、現在に至るまで英国の海外領土のままである。

2009年にタークス・カイコスの自治政府による不正が発覚したため英国本国からの総督の派遣によって英国の直接統治体制となった

2012年 議会選挙によって自治政府が復活した。

タークス・カイコスの経済の中心は漁業と塩の採掘だったが、
現在は観光業とタックスヘイブン(租税回避地)としてオフショア金融等が盛んである。

モントセラト Montserrat とはどんな国?

モントセラトMontserrat (モンセラット)はカリブ海に浮かぶ島(火山島)
『カリブのエメラルド島』や『西のエメラルド』などと呼ばれることも。

モントセラト国旗英国海外領土

モントセラトの国旗

モントセラットの地図上の位置

モントセラトの基礎情報

  • モントセラトの現在の行政所在地(主都/首都)リトルベイ
    (臨時首都ブレイズ、
旧首都プリマスは噴火によって壊滅した)
  • モントセラトの公用語英語
  • モントセラトの通貨東カリブドル(XCD)
    東カリブドル(East Caribbean Dollar)カリブ海の8カ国(地域)で使われている通貨
    英国海外領アンギラ、モントセラトのほか、ドミニカ国、グレナダ、セントルシア、セントビンセント、セントクリストファー・ネイビス、グレナディーン諸島
  • モントセラトの面積102㎢
    島の南部にあるスーフリエール・ヒルズは活火山であり、
    幾度も噴火を起こし、島は壊滅的被害をうけたため島の南部は無人化
  • モントセラトの人口約5千人
    
住人の9割以上がアフリカ系黒人、その他ムラート、白人

モントセラトの歴史と近況

1493年 コロンブスによって発見された

がスペインは入植しなかった。

1631年 迫害によってアイルランド人カトリック教徒がモントセラトとアンティグアに強制移住させられた。
1632年 モントセラトは英国植民地となる
1649年 アイルランドの政治犯がモントセラトに送られるなど、流刑植民地としても使用された。
アフリカから奴隷貿易によって連行された黒人などによってプランテーション開発が進む

1768年 黒人奴隷の反乱が起こるが失敗
1782年 フランスによって占領されるが同年、イギリスに返還(パリ条約)

1958年 モントセラトは西インド連邦編入される
1962年 西インド連邦解体後、再度、英国植民地となる

1989年 ハリケーン被害によってモントセラトの9割が壊滅的ダメージを受ける
1995年 火山の噴火によって住人の3分の2が島外へ避難した
1997年 またしても噴火によって首都プリマスが壊滅したため、臨時的に首都がブレイズに移転した
2003年にも火山が大噴火を起こし大きな被害が出ている

現在の首都はリトルベイ

モントセラトの経済の中心はバナナ栽培などの農業と観光だが、
火山の大噴火の影響もあり、他のカリブ海の諸国に比べると大きく遅れている。

英領ヴァージン諸島 British Virgin Islands とはどんな国?

イギリス領ヴァージン諸島 British Virgin Islands (ブリティッシュ・ヴァージン・アイランズはBVIと略される)
英国領ヴァージン(バージン)諸島 ブリティッシュバージン諸島との表記も

英領ヴァージン諸島の国旗

英領ヴァージン諸島の国旗

ヴァージン諸島の地図上の配置

英国領ヴァージン諸島がある場所はカリブ海と北大西洋の間、
プエルトリコの東にある西インド諸島、英領ヴァージン諸島の東には同じく英領のアンギラ
さらに西には米領ヴァージン諸島がある。

英領ヴァージン諸島の基礎情報

  • イギリス領ヴァージン諸島の行政所在地(首都•主都)ロードタウン(トルトラ島)
    ロードタウンにはおよそ一万二千人が居住している
  • 英領ヴァージン諸島の公用語英語
  • 英領ヴァージン諸島の通貨アメリカ・ドル(USD)
    ヴァージン諸島は大きく東西に分けられ、西側がアメリカの領土であり
    1959年以来アメリカドルが使用される
    
タックスヘイブン(租税回避地)としても有名である。
  • 英領ヴァージン諸島の面積153㎢
    メインの島はトルトラ島、ヴァージンゴルダ島、アネガダ島などの4島で
    16島が有人島、無人島が50島ほどで構成
  • 英領ヴァージン諸島の人口約3万人2013年調べ)
    
8割がアフリカ系黒人、そのほか混血ムラートや白人など”

イギリス領ヴァージン諸島の歴史と近況

先住はアワラク族と考えられる。その後カリブ・インディアンが住んでいた。

1493年にコロンブスにより発見された
1648年 オランダ人が植民に入る
1672年 英国に併合される

1872年〜1960年 リーワード諸島の英国植民地の一部だった
1967年に自治権を得る

ヴァージン諸島の西側半分は米領ヴァージン諸島であり、密接に関わり合っている。
1959年以降は
米ドルが流通している。米領ヴァージンへは船で簡単に渡ることができる。

カリブ海で最も豊かで安定しているのがヴァージン諸島の経済であるが、収入の半分は観光業に依存している。
世界有数のタックスヘイブン(租税回避地)のゲートウェイであり
1980年代のオフショアでの企業登録の手数料によって多くの収入を得る。
国際ビジネスにとって魅力的な島となっている。

 

イギリス領インド洋地域 British Indian Ocean Territory とはどんな国?

英国海外領土インド洋地域の国旗

英国領インド洋地域の国旗

英国領インド洋地域の地図上の位置

イギリス領インド洋地域の基礎情報

  • イギリス領インド洋地域の行政所在地(首都・主都)ヴィクトリア
    (ヴィクトリアは2000km離れたセーシェル共和国内)
  • イギリス領インド洋地域の公用語英語
  • イギリス領インド洋地域の通貨USドル(USD・米ドル)
  • イギリス領インド洋地域の面積220㎢
    
チャゴス諸島をはじめとした周辺のおよそ2300もの島々がある
    最大の島はディエゴガルシア島である。
  • イギリス領インド洋地域の人口約三千五百人

英国領インド洋地域の歴史と近況

16世紀にポルトガルによってチャゴス諸島は発見されていたが無人であった。

1965年 チャゴス諸島、アルダブラ諸島、ファーカー諸島、デロッシュ諸島を含む英国領として成立
1976年 セーシェルが独立したためアルダブラ諸島、ファーカー諸島、デロッシュ諸島は分離した、セーシェル下になったため

英領インド洋地域はチャゴス諸島のみとなる。

20世紀半ばには二千人ほどいた住民は1967年〜1971年の間にモーリシャスへ強制移住させられた。
この時、島民に取られた島からの追い出す手段がひどく
「離島者の帰島を認めない」「最低限の食料や医療しか提供しない」「ペットの殺害」など非人道的な追い出しが図られた。
このため英国政府と元島民の間で帰島のの権利と補償を巡って係争がおこった。

チャゴス諸島は無人島となったが、
1971年から条約によって
例外的に南端のディエゴガルシア島にアメリカ軍の基地があり軍事基地となっている。
ここは

アメリカの軍事戦略上の重要拠点である。

湾岸戦争やアフガン攻撃やイラク戦争の際にも爆撃機がディエゴガルシア島の基地から出撃した
当初この条約による島の使用期限は50年間とされ、2016年12月30日をもって使用期限を迎えたが、
現在2036年まで島の貸与は延長されている。

基本的に定住者はおらず、おもに軍事や研究を目的とする居住者がいるのみ

 

サウスジョージア South Georgia とはどんな国?

サウスジョージア 
SGSSI と略されることがある。
これはSouth Georgia and the South Sandwich Islands
(サウスジョージア・アンド・ザ・サンドウィッチ・アイランズ)の略である。

英国海外領土サウスジョージアの国旗

サウスジョージアの国旗

サウスジョージアの地図上の位置

サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島がある場所は

南大西洋上である。

サウスジョージアの基礎情報

  • サウスジョージアの行政所在地(首都/主都)キング・エドワード・ポイント(グリトビケン島)
  • サウスジョージアの公用語英語
  • サウスジョージアの通貨フォークランド諸島ポンド(FKP)
    
イギリス・ポンド(英ポンド)と等価であり、サウスジョージア内では両方が使用可能
  • サウスジョージアの面積3903㎢
    サウスジョージア島、サウスサンドウィッチ諸島にある小島などの諸島群で構成される
    バード島やブラック岩礁なども含む
  • サウスジョージアの人口0人
    基本的に定住者はいない。おもに軍事や研究を目的とする居住者がいるのみ
    グリトビケンが中心地であり二十人ほどがいる。

サウスジョージアの歴史と近況

1675年 最初に発見されたとされる
1775年 クック船長によってサウスジョージアおよびサウスサンドウィッチ諸島が再発見された。
英国領を宣言されたが
フォークランド戦争の際に一時アルゼンチン占領された

1982年 英国軍によって奪還

19世紀から20世紀前半までは捕鯨が盛んであり、鯨油(げいゆ)を採取する基地だった。

サウスジョージアでは観光や生態系や環境の研究が現在では行われている。

サウスジョージアには基本的に定住者はおらず、おもに軍事や研究を目的とする居住者がいるのみである。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

世界にある国の数はいくつ?国連非加盟の国はいくつ?

世界にある国の数はいくつ?国連非加盟の国はいくつ?

こんな国旗知ってる?ニュージーランド領の国々の国旗

こんな国旗知ってる?ニュージーランド領の国々の国

オーストラリア領の知られざる国の旗

オーストラリア領の知られざる国の旗

どこの国旗かな?米国領の国の国旗

知られざる米国領の国(地域)

オランダ領にある国の国旗

オランダ領の知られざる国々

デンマーク構成国の国旗

デンマークはヨーロッパの小国じゃない!?

世界中に散らばるイギリスの海外領土の国々

世界中に散らばるイギリスの海外領土の国々




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA