【メルカリ】外国人との取引で確認するべきこと注意すること!【チャンスロスをなくして稼ぐ】

メルカリ外国人との取引あるある

メルカリ(Mercari)で稼げてますか!?メルカリ外国人からのコメントや、購入者が外国人だった時に、戸惑った経験はありませんか?メルカリで出品中の商品に、せっかく興味を持ってもらったのに、相手が外国人だからといって、断ってしまうのはもったいない!
実際に外国人との取引も経験してしまえば、大したことはないし、なによりせっかく売り上げが稼げるチャンスです!
実際にあった外国人購入者とのやりとりや、メリカリで外国人と取引する際に気をつけたいことや確認すべきことなどについて。







メルカリはスマホアプリですが、WEB版メルカリでは
スマホが無くとも、実はパソコン上でも、出品や購入などメルカリ取引はできますよ!
スマホがないからメルカリができない!と思っている方には
WEB版メルカリをおすすめしてみましょう。
登録・購入には一切の手数料はかかりませんよ→

メルカリで外国人との取引で使える中学英語こちらの記事も合わせてどうぞ↓実際に外国人との英語での取引に使っている英文例はこちら↓
【メルカリ】外国人との取引してみよう!中学英語で十分通じるよ!【英語での対応例】

メルカリで外国人との取引!あなたならどうする?

メルカリで外国人からのコメントがきたり、
購入者が外国の方だった!ということで戸惑ってる方はいませんか?

外国人購入者とのありがちなやり取りの英文の簡単な例(別ページにて)
外国人コメントでの問い合わせが来た時にまず確認したことや流れを
経験者(出品者)目線で書いていきます。

メルカリを利用している方の目的は様々ですが
基本的には、モノを売りたくて出品していると思います。

自分には必要ないものだけど、捨てるよりは
もしかしたらそれをお金を出しても欲しい!
という人はいるかもしれない!
そんな思いで私は、メルカリをよく利用しています。

メルカリでの機会損失はなるべく減らしたい!

メルカリでは出品した商品にコメントがつくと、

あ、売れるかも!って期待を感じますよね。

しかし、そのコメントが
明らかに外国人だった場合、あなたならどうしますか?

なかには、外国人との取引は

日本語が通じなかったら面倒だ
自分は、英語がわからないから無理無理・・・

と、断ってしまっている方や、
時には、コメントを無視している方もたまにいますが…

たしかに、普通に日本語が通じる日本人が相手の方が
取引はスムーズでしょう。
外国人・・わからない・・・怖い・・・・
わからないものがなんだか怖いというのもよくわかりますが
正直、『めんどくさい』ので断るという方が多いかもしれません。

外国人だから断る!?それってもったいなくない!?

しかし、せっかくきたコメントは
せっかくの販売のチャンス!!

お金を稼げる機会を逃すのはもったいない!

わざわざ、外国人に売らなくても、
すぐに別の買い手がつくような人気商品であれば問題はないでしょうが

なかなか出品してから、買い手が現れない、
なかなか売れない商品に
ようやくコメントがついた!と思ったら外国人・・・

めんどくさいそうだし、英語がわかんないから・・・
なんて言ってると
その商品はずーっと売れ残ってしまうかも

メルカリはあくまで、フリマアプリですから
自分が気に入った方にだけ販売をするというのも
取引でのメッセージのやり取りを楽しんでらっしゃる方も
中にはいらっしゃると思います。

ある意味、それがフリマの醍醐味でもあると思うので
それも全然アリ!だとは思います。
できることならトラブルなく、
ストレスなくスムーズに取引したいですもんね!

それでも外国人との取引をすすめるわけ

メルカリはよくできたシステムですので
外国人とのやりとりも、一度経験してみれば、
案外、思っているよりは、そんなに大変でもありません。

ぜひ、機会損失を出さないためにも、
ぜひ、経験を積むためにも
外国人のメルカリ参加者にも出品したものを売ってみましょう!

やってみれば意外と簡単でスムーズだったりするので
もしも、ちょっとチャレンジしてみようかな?って方で
でも、英語がよくわかんないし、
どんな質問がくるのかわからないし怖い!
そんな方への、この記事がちょっとした”ヒント”になれば幸いです!




メルカリでの外国人との取引!確認するべきことと注意点

メルカリでの外国人とメッセージのやりとりで
注意したいこと、確認するべきことなど

購入前にコメントがつく場合もあれば、
コメントなしで購入された方が外国人だった
という場合もあるかと思います。

コメントが来た場合に、
できれば確認しておきたいこと。
私が確認していることについて。

  • 日本在住であるかを確認(日本版メルカリは日本国内のみ)
  • 会話のベースとなる言語を確認(意思疎通ができるかどうかの確認)

日本在住であるかの確認(日本版メルカリは日本国内のみ)

メルカリには日本版メルカリの他に、
海外版メルカリ(UK版、アメリカ版)がありますが

日本に住んでいる以上は、日本版のメルカリです
メルカリのガイドの禁止事項で

海外から商品を配送することも
海外へ商品を配送することも禁止します

と海外へ商品を送ることは明確に禁止されています。

なので、私は購入される前に相手が外国人の時は
『本当に、現住所が日本にあるのか』を確認しています。

まあ、これで購入されてしまい、実際の
配送先が海外を指定された!としても禁止されていることなので
取引がキャンセルになってしまうだけでしょうけど…
そういった無駄な時間を費やさないためにも、
事前に確認しといた方が無難かと。

これに関して、海外在住の人が
日本版のメルカリへの登録やログインができるかどうかは知りません
コメントで、日本人でない、日本語が通じない場合・・・
海外在住者なのに、なんかのはずみでメルカリに興味を持ってしまった
海外の方である可能性も捨て切れませんので、
万が一に備えて、私は確認するようにしています。

会話のベースとなる言語を確認(意思疎通ができるかどうかの確認)

日本在住の外国人といっても、
いろんな方、様々な出身国の方がいますよね

あ、外国人だなって判断する時にも色々なパターンがあると思います。

これはあくまで一例ですが、
コメントが日本語ではなく、『ローマ字』で来た場合

例えば・・・
  ◎◎◎[Kore 1000yen iidesuka?]

  △△△[500yen narimasuka?]
このようなコメントがつきました。

さて、あなたは相手が日本人でないということは察すると思いますが、
果たしてナニジン!?どこの国の人かまでを
これだけで判断できるでしょうか??


「コレ センエン イイデスカ?」

「500エン ナリマスカ?」

質問の意味はわかりますよね。

例えば、1500円で出品しているものを


1000円になりませんか?1000円なら買いたいなぁ・・・

500円になるんだったら欲しいなあ・・・・

って意味でしょう、きっと。
(ちなみに、外国の方は結構、がっつり値下げ交渉してくる人も多い印象です。)

しかし、このままカタコトの日本語でのやり取りをするべき?
自分もローマ字で返信するべきか
悩むところではないでしょうか・・・?

相手が外国人だからといって安易に英語の取引!?
と考えて身構えてしまうのは早計です。

日本に住む外国人は色々な国からやって来ています。

日本在住の外国人でメルカリで取引できるパターン

  • 日本語が堪能→日本語でやり取りできる(日本人と同じ)
  • 日本語が堪能、日本語は理解できるが、
    日本語の文字がわからない→ローマ字でやり取りできる。
  • 日本語はちょっとできるけど、漢字はむずかしい、
    ひらがなならわかる→ひらがなでやりとりできる
  • 日本語はちょっとできるけど、漢字はむずかしい、
    カタカナはわかる→カタカナでやりとりできる
  • 日本語ほんのちょっとだけできるけど、母国語は英語
       →日本語よりはおそらく英語を使った方がスムーズ
    (英文例はこちらの記事へ→【メルカリ】外国人との取引してみよう!中学英語で十分通じるよ!【英語での対応例】

取引を避けた方がいい外国人のパターン

  • 日本語だけどなんか意思疎通できない
  • 漢字も使ってくるがさっぱり意味不明。
  • やたらグイグイくる、なんか雑、横柄
  • とにかくなんか嫌な予感がする→取引しない方が無難でしょう。

まあこのような取引相手でも、
コメントなしで購入されてしまえば取引することになりますが

外国人だから失礼なのではなく
日本人にも取引時に横柄だったり
失礼な人、嫌な思いをする人ってどこにでもいますよね・・・

スポンサーリンク

コメントの時点で嫌〜〜な感じがする場合は、
機会ロスはしますが
お断りする方がストレスは減ります。。。

とまあ、外国人とひとくちに言っても
様々なパターンが考えられますが、
どんな言語を使って、
取引メッセージのやりとりができるのかを確認しときましょう。

外国人の全員が英語を理解しているわけではない!

あ、外国人だ!と思って、安易に英語でメッセージを送っても
相手が英語圏の方であるとは限りません。
英語は世界語とはいえ・・・・万人に通じる言葉でもありません

例えば、私の経験ですが、
日本に研修できていたベトナム人の女の子の同僚がいたのですが
その子は日本語はとてもよく理解していましたが
英語はからっきしダメでした。

外国人=英語が喋れるわけではありません

特に、英語が母国語ではない、アジア圏の方。
英語は話せないけど、日本語はわかるという方の方が多い気もします。
まあ日本に住んでるくらいですからね。
中国圏の方でしたら漢字もありでしょうけど
中華系の方は、日本語が堪能な方多い印象あります。

購入前のコメント段階で、
相手の国籍とまではいかずとも、

  • 日本語がどの程度伝わるのか?
  • 意思疎通できる言語はなにか、
  • 英語でのやり取りを希望しているのか?

    などを確認しておいた方が良いでしょう。

日本語でやり取りをする場合は、なるべくやさしい日本語
 「あした おくります」
 「ハッソウ シマシタ」

など、なるべくわかりやすい単純な日本語を使いましょう。

ひらがなカタカナで送るのがおすすめです。
相手の日本語習得レベルにもよりますが、
難しい言葉や表現は避けましょう

とにかく、コメント段階で言語レベルの確認をしておくと
実際の購入後の取引もスムーズになります。

言葉が通じなくても取引可能なシステムがメルカリ

メルカリは本当によくできたシステムなので
システム的には、相手がナニジンであろうが、
取引メッセージが意味不明だろうが

購入者された方の支払いが済んでいれば、
出品者が商品を発送し、
相手が受け取り通知をしてくれればそれで取引は成立するという

非常にシンプルなものなので、ぶっちゃけ
会話なんてしなくても、メルカリのシステム上は
取引が成立すれば売り上げが入ってくるので
会話はせずとも問題はないです。

取引相手(購入者)が購入ボタンを押し、
支払い手続きを完了

商品を発送

購入者が受け取り通知・評価

取引成立。売り上げに反映

直接お金のやりとりが発生しない
たったこれだけのシンプルなものなので、
相手がどこのなに人だろうが、基本的には問題ありません。

外国人購入者との取引メッセージでの会話が必要な場合

ただ、相手の外国人が上記のメルカリのシステムを
完全に理解していない場合、トラブルになりかねません・・・

そんな時に備えるとなると、
とにかく、会話が成立しないことには、せっかく売れたのに
結局キャンセルになってしまう可能性もあります。

外国人購入者でよくあるトラブルが配送に関して、
”ゆうゆうメルカリ便”など
”匿名配送”で出品している商品の取引の場合、

・相手の住所の入力が間違っていたり、
・入力すべき項目に正しい住所の入力がなされていない場合
(全角で入れるべき欄に半角で入力しているなど)
・送り先の住所登録がおかしい場合

匿名配送用の、二次元コードが生成されず、発送ができません。

そんな時に、正しく住所を入れ直してもらったり、
あるいは、匿名発送ではない、別の発送方法に切り替えたりするなど
相手とのやりとりが必要となってきます。

私が経験した中でも、上記の状況があり、
(相手はメルカリ初心者で初購入の日本在住アメリカ人、
日本語はローマ字でほんの少しだけわかる。
取引メッセージなどのやりとりは全て英語

何度か、取引メッセージで、
住所の登録が間違っているようなので、
正しく入力し直して欲しいと英語のメッセージを送りましたが
相手はメルカリの取引自体が初だったので
(この配送先住所が正しくないパターンって
相手が日本人でも結構めんどくさいやりとり。)

どうも相手が住所を正しくできない・・・
こちらは商品の発送準備はできているのに
いつまでたっても二次元コードが表示されない

匿名配送を選択していたので、住所が正しく訂正されないと
二次元コードが出ない→発送ができない・・・

そうこうしているうちに相手が
配送先の住所を直接メッセージで送ってきたので
急遽、配送方法をクリックポストに変更して発送することができましたが

外国人との取引では名前の確認も必須!

匿名配送から、別の配送方法(この時はクリックポスト)に変更した時、
その際に、気になって、再度、確認をしたのが

相手が外国人のため、外国語の名前であるが

購入者の名前・アカウント名が
ハンドルネームやニックネームなのか?本名なのか判別ができない・・・・

日本人であれば、それが本名なのか、
メルカリ上のアカウント名なのかは一目瞭然ですが。
そしてほとんどの日本人は本名をアカウント名にはしてませんよね。

なんせ、相手は外国人、、、、アカウントで表示されてるのは
英語のアカウント名だし・・・名前っっぽいけど、

え?まさかこれが本名っ??

え、本名って晒す???

匿名配送をよく理解していないようだったし、
もしくは匿名であることを別に気にしていない方のようで
確認したところ、『本名だよ』ってことだったので
その名前で配送できましたし、無事に商品も届いて取引も完了できました。

外国人購入者とのトラブルをできるだけ避けるためにできること

外国人購入者とのやりとりは、
実際に、購入後の取引に進んでみないと
どんなトラブルが起きるかはわかりませんが

相手が外国人の時に限らず、日本人相手でもそうですが
基本的にメルカリは、

『購入者の支払いが完了するまで、発送しないでください。』

と表示がされるので、相手が、クレジットで即購入ではなく
ATMなどでの決済を選択された場合でも、
支払いが確認できるまでは絶対に発送しないように。

発送をする際は、
定形外郵便などの配送状況の追跡がないものは避け、
確実に配送状況の追跡が可能な発送方法を選ぶことをおすすめします。

もしも、言葉が通じない相手で、
『受け取り通知もしてくれない』ような場合にでも
追跡機能つきの配送であれば、
配送状況が『配達済み』になっていれば

状況が配達済みであれば取引は成立できる

事務局から相手に、通知が行き、
それでも相手の反応(受取通知)がなくとも
配達完了している場合は事務局で取引を成立させてくれ
売り上げにもきちんと反映されます。
(この場合、評価ができないのでちょっと微妙な気持ちにもなりますが)

コメントやメッセージなどで意志の疎通が図れない相手でも、
システム的には、すでに購入者が支払いがされていて
発送をすれば、あとは相手が受け取り通知をすれば
取引完了し、売上に反映されお金は入ってくるので、
案外、すんなりと取引が済む場合が多いです。

英語はGoogle翻訳でも充分通じます

グーグルの翻訳機能なんかを使うと、日本語の入力の仕方次第では
そのまま直訳されてしまうので、たまに理解しにくいこともありますが

相手も取引相手が日本人だと(多分)理解しているはずなので
ネットの翻訳をそのままコピペしてみてもOK
案外、通じるもんですよ。

もちろん相手からのコメントが外国語で、
何を意味しているのかわからない時にも
グーグル翻訳は使えば、だいたいの意味は掴めると思います。

ただ、スマホからだと、メルカリアプリのコメントをコピーして、
今度はネットブラウザで、グーグル翻訳立ち上げてペースト・・・
とスマホでやるのは結構めんどくさい・・

翻訳をコピペして使うときは、スマホアプリよりも
PC(パソコン)で作業できる、
メルカリのWEB版を使った方が楽なのでおすすめですよ!
←ここからWEB版に飛べます。

まあ、誠実な取引をしようとすれば、
日本人に売る時よりは確認が多少多くて、
正直、面倒だとは思います!

が!!こういう新しいことにどんどんチャレンジしていくことで
あなたの販売スキルはどんどん上がっていくことでしょう!

販売スキルが上がれば、売り上げ(儲け)も確実に増えるし
またメルカリをやるモチベーションもあがるのでおすすめです!
ぜひMercariでの外国人との取引にも挑戦してみてください!

実際の外国人メルカリユーザーとのやりとりで私が使っている
英語での取引の際に英文例はこちらから↓
メルカリで外国人との取引で使える中学英語【メルカリ】外国人との取引してみよう!中学英語で十分通じるよ!【英語での対応例】




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA