《雨水》うすいって何?二十四節気の一つで冬の氷水が陽気に溶け天に昇り雨水となってって?

二十四節気雨水ウスイの意味は?

《雨水》うすいって何?どういう意味?二十四節気の一つで冬の氷水が陽気に溶け天に昇り雨水となって・・・
雨水(読み方:うすい)とはなに?どうゆうこと?なんの日?雨水とは二十四節気の一つのことだが、そもそも二十四節気(にじゅうしせっき)とはなに?『雨水(うすい)』って英語でなんといえばいい?を知っているようで知らない【雨水】をもうちょっと詳しく深掘り!




【雨水(うすい)】とは何なの?知ってるようでよくしらない雨水の意味

雨水(うすい)のころには、冬の氷水が陽気に溶け天に昇り、雨水となって降時期である。

《雨水》とは二十四節気の一つ。

2月19日頃にあたる。
立春と啓蟄の間。
太陽黄経が330度の時のことである。

旧暦での雨水がぬるみ草木が恵む頃。太陽暦の2月19日頃




二十四節気の『雨水(うすい)』を英語で表すと?

Rainwater;The season when snow turns to rain.
日本語訳: 雪が雨に変わる季節

【2019年版・壁掛】 シーガル 歳時記カレンダー 小

スポンサーリンク

created by Rinker
シーガル

二十四節気(にじゅうしせっき)とは?

『雨水』というこの言葉を紐解く時には、まず二十四節気とはなにかを理解することが必要不可欠となる。

二十四節気とは、1年を地球から見た太陽の動きに合わせて24の気に季節を分けた(節気)分類のこと
二十四節気(読み方:にじゅうしせっき)もしくは二十四気(にじゅうしき)とも言う。

【二十四節気】に関してはこちらのページにて少し詳しく解説しているので参考までにどうぞ
↓↓↓

【二十四節気(にじゅうしせっき)】とはいったいなに?成り立ちは?簡単な覚え方はあるの?

時候二十四節気を楽に覚えるこちらの記事もどうぞ↓
《立春》ってなんの日?冬の陰気に閉ざされた万物に春の陽気が立ち始める日ってどうゆうこと?【二十四節気】
【七十二候(しちじゅうにこう)】季節を風流にあらわす72候の全ての意味を知りたい!

 




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA