けっして誤ることのない人は何もしない人

【本日の名言】「けっして誤ることのないのは何事もなさない者ばかりである」という言葉を残したのはフランスの作家・思想家 ロマン・ロランによる長編小説『ジャン・クリストフ』に登場するセリフだが、その意味とは?この言葉の解釈・教訓とは?またロマン・ロランとはどんな人物?『ジャン・クリストフ』とはどういうお話なのか?

スポンサーリンク

続きを読む