負けて勝つ 近松門左衛門

【本日の名言】「負けて勝つ」とは江戸時代中期の浄瑠璃・歌舞伎脚本作者 近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)による『傾城酒呑童子(けいせいさけのみどうじ)に出てくる言葉であるが、その意味・解釈・教訓とは?名前は聞いたことあるけれど言われて見ればよく知らない近松門左衛門とはどんな人物?何をした人?

スポンサーリンク

続きを読む