プチ世界一周中に各国で使ったお金の詳細と旅のプチアドバイス!?【南米旅行ついでに世界一周】

世界一周旅行で費用を押さえるならどこを削るべき?

世界一周航空券を使って、南米大陸の『マチュピチュ』や『ウユニ塩湖』『イグアスの滝』観光がメインの旅、ついでに、北米大陸、ヨーロッパ大陸通ってプチ世界一周旅行で回った各国々での滞在期間、訪問先についてと、使ったお金の費用の詳細へのリンク。旅行のコンセプトと、旅行をなるべく安くあげるためのアドバイスなど。


このプチ世界一周旅行の全費用総額に関してはこちら↓
【世界一周費用】オリジナル南米旅行+ついでに世界一周で使った費用の詳細を全部さらす!



オリジナル世界一周で巡った国々と名所訪問地と日数

この旅で巡った国々は日本→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→アメリカ→カナダ→イタリア→フィンランド→日本帰国

全8カ国で巡った、主な都市や名所などと
滞在日数と各国で使った費用の詳細へのリンク(リンクは別ウインドウで開きます)

滞在日数には、出国日と入国日も含みます。

滞在日数

ペルー  

9日間

訪問した観光地など 首都リマ市内(旧市街セントロ、アルマス広場、サンマルティン広場、ミラフローレス地区、ペルー最古のカテドラル、エルチニート、恋人たちの公園、ラルコマールなど)
イカ(イカ博物館、ワカチナ砂漠、サンドバギー)
クスコ(アラマス広場、クイレストラン、市場)
オリャンタイタンボ、ペルーレイル、マチュピチュ遺跡、マチュピチュ山登山、段々畑、太陽の神殿、マラスの塩田、モライ遺跡、プーノ、ウロス島、チチカカ(ティティカカ)湖
7都市(地域) ペルー国内で使ったお金の詳細はこちら↓(リンクは別ウインドウで開きます)
ペルー旅行中にペルー国内で使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】

ボリビア

7日間

訪問した観光地など 首都ラパス市内(都市型ロープウェイ・テレフェリコ、サガルナガ通り、メルカド・ネグロ、ロドリゲス市場、ムリリョ広場、チョリータスプロレス観戦)

コパカバーナ(ティティカカ湖スワンボート遊覧)

ウユニ(ウユニ塩湖、インカワシ島、コルチャニ村、塩ホテル、列車の墓)など

3都市(地域)

ボリビア国内で使ったお金の詳細はこちら↓
ボリビア旅行中にボリビア内で使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】

チリ

3日間

訪問した観光地など 首都サンティアゴ(旧市街、モネダ宮殿、アルマス広場、中央市場でウニ、新市街、サンクリストバルの丘、鉄道博物館など)

世界遺産の街バルパライソ(アセンソール、ソトマヨール広場、アレグレの丘、コンセプシオンの丘、プラット埠頭、青空美術館、サント・ドミンゴの丘

2都市(地域)

チリ国内で使ったお金の詳細はこちら↓
チリ旅行中にチリ国内で使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】

アルゼンチン

10日間

訪問した観光地など 首都ブエノス・アイレス(5月広場、サンマルティン近衛兵の交替式、大統領府、カビルド、大聖堂、サント・ドミンゴ教会、レコレータ墓地、日本庭園、ボカ地区、カミニート、キンケラマルティン美術館、ボカジュニアスタジアム、中華街、観光バスブエノスアイレスバス)

プエルトイグアス(アルゼンチン側イグアスの滝、国立公園、スピードボート、悪魔の喉笛、公園内鉄道、遊歩道、ジャングルドライブツアー、サイクリング、動物保護施設など)

2都市(地域)

アルゼンチン国内で使ったお金の詳細はこちら↓
アルゼンチン旅行中に使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】

アメリカ

6日間

訪問した観光地など ニューヨーク(マンハッタン、乗り降り自由のバスツアー、エンパイアステートビル、ブロードウェイでミュージカル鑑賞、グラウンドゼロ9.11ミュージアム周辺、シティサイクルでNY散策、セントラルパーク、ワールドトレードセンター、タイムズスクエア、メトロポリタン美術館、トレジョー、ホールフーズ、ブルックリン、ブルックリンブリッジ、ウィリアムズパーク、ダンボなどなど)

1都市

アメリカ国内で使ったお金の詳細はこちら↓
アメリカNY旅行中に使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】アメリカ編

カナダ

4日間

訪問した観光地など トロントCNタワー、トロント・イートン・センター、セントローレンスマーケット、クイーンストリート、中華街)

ナイアガラ(ナイアガラの滝ホーンブロワークルーズ、テーブルロック、ホワイトウォーター、滝の裏側、スカイロンタワー、観覧車(ナイアガラスカイホイール)、アウトレットモール)

2都市(地域)

スポンサーリンク

カナダ国内で使ったお金の詳細はこちら↓
カナダ旅行中に国内で使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】カナダ編

イタリア

6日間

訪問した観光地など ローマ(コロッセオ、スペイン広場、スペイン階段、トレビの泉、フォロ・ロマーノ、パンテオン、ナヴォーナ広場、ヴェネツィア広場、遺跡に住む保護猫施設など)
バチカン市国(ヴァティカン)サン・ピエトロ大聖堂、バチカン博物館、
フィレンツェ(ヴェッキオ橋、ミケランジェロ広場、ドゥオーモ、市場、アカデミア美術館、幸運の子豚像など)
ピサ、ピサの斜塔
ナポリ(ヴェスビオ火山、卵城、サンテルモ城、大聖堂、サンタキアーラ協会、
カプリ島、青の洞窟と島一周ツアー、マリーナグランデ、レンタルバイクでカプリ島内ぐるり)

6都市(地域)

イタリア国内で使ったお金の詳細はこちら↓
イタリア旅行中に使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】ついでにイタリア編

フィンランド

5日間

訪問した観光地など ヘルシンキ(ヘルシンキ大聖堂、スオリンメンナ要塞、港のマーケット、カンピン礼拝堂、マリメッコ本社アウトレット、イッタラ本社アウトレットなど)
タンペレ(ムーミン美術館、スパイミュージアム、ストックマン百貨店など)

2都市(地域)

フィンランド国内で使ったお金の詳細はこちら↓
フィンランド旅行中に使った全費用の詳細をさらす【世界一周航空券で南米旅行】ついでにフィンランド編

空港や銀行よりも、お得なレートで両替できる。
送料無料・代金引換OK・14時〆切当日発送 【外貨両替マネーバンク】



旅のお金に関する総括と滞在費用を安くあげるためのコツ

海外で本当に使える通貨は??

現地で使用した通貨は基本的には現地の通貨だが、
例外なく米ドルはほとんど、どこでも使うことができた。
現金で旅行に持っていったのは、ほぼ米ドル

アジア圏や先進国では日本円からの両替もできるが、
南米各国でも首都レベルであれば、
日本円からの両替もできないこともないが

日本円からの両替はレートが悪いのが鉄則なので
現金を持っていくならば米ドルの方がおすすめ。

現金を持ち歩くのは必要最低限にし、
何かあったら怖いので、
我々の場合はほとんど、
クレジットカードでATMから直接
現地通貨を引き出して使っていた。

ただし、自分のクレジットカードが海外ATMでの
現地通貨のキャッシングに対応しているかどうかは
必ず確認してから旅に出よう。

自分のカードが海外で使えるかどうかわからないという方は
海外専用のトラベル用のカードキャッシュパスポート
プリペイドカード
なども便利なので
この機会に作っておくのもいいだろう。↓
海外通貨両替の手間、省けます!


実際、今回の旅では、同行者のカードが
海外での現金引き出しで使えず
全て私のカードで現地通貨を引き出すことになった…
(本人は海外でも使えるはずと、信じ切っていたようで
色々なATMで試していたが…結局引き出せず・・・)

全然貧乏旅じゃないって!?旅のスタンスは人それぞれ!

この私のオリジナル世界一周旅行にかかった費用は
あくまで、参考までの一例として捉えてほしい。
旅のスタイルはひとそれぞれ。
行きたい場所や、見たいもの、食べたいものや
体験したいことなどが違って当たり前。

我々が旅で使った費用を見て、

「全然、貧乏じゃない!もっと切り詰めれる!」
「テント背負って、野宿で全部自炊したらそんなに費用はかからない!」
とか
そういった意見はもちろんあるだろうし
実際そうゆう貧乏節約旅を極めたバックパッカーもたくさんいるだろう。

我々だってお金さえあれば!!!
好きでケチケチ旅をしたいわけではない・・・!

もちろん、世界各国を飛び回って
高級ホテルに滞在できるような裕福な人たち・・・
まあ、リッチピープルはそもそも、
ケチケチちまちまと世界一周航空券を予約・・・なんて
こんなめんどくさいことはしないだろうけどw

我々のスタンスとしては、貧乏節約系旅行とはいえ、

せっかく海外旅行に行ったのだから

アクティビティや観光はしたい!!

だって世界遺産を見に来たのに、
入場料が高いから諦めるなんて、そんなのは本末転倒。
なるべく安い手段を取る努力はするが、
見たいもの、食べたいものやりたいことなどにかかる
必要経費は惜しみなく使ったと思う。

滞在費用を押さえるには何が一番いい?

ケチれるところはケチるが、海外旅行では
必要不可欠で最も金がかかるのが宿泊費だと思う。

食費も削れるところではあるけれど、
旅の目的が現地グルメ堪能!って人もいるだろうし
食べる量や食欲はそれぞれの本能に従って健康を壊さない程度に
食べるべきだし、あまり食費を押さえる話はしたくない。

そして、我々の場合はそんなに大食らいじゃないし
もともと高級グルメな舌や味覚センスもないので
自動的に食費にはそんなにお金をかけずにすんだ。

宿泊先の宿を決める際の我々の基準は

とりあえず、お湯が使えればオッケー!基準。

お湯のシャワーが使える宿泊施設であれば
個室じゃなくても相部屋ドミトリーでも、
2段ベッドでも、3段ベッドだって構わない。(←まじである3段目めっちゃ怖いw)

口コミが多少悪くとも、
安さとアクセス重視
まあ、そのせいで何度か
なんじゃこりゃ!?という宿にも出会ったが・・・・

しかし、私自身はアフリカの某国で
水シャワーだけの生活をしていた経験があるので
それに比べれば、お湯のシャワーが出るだけで
とりあえず天国
というゆるゆる基準。




旅の醍醐味は悪夢のような宿に泊まること!?

まあ、そんなゆるゆる基準な我々ですら、
なんだこの宿・・!?ひどすぎねえ!?ってこともたまに起こる。

その宿の口コミに『This is nightmare!』って書かれてたけど
外人の口コミは、表現が大げさだからなぁ〜って
口コミ評価悪いけど
アクセスぼちぼちよくて、そのエリアにしては安めの宿に行ってみたら

本当に値段の割に、悪夢みたいな宿で、
笑っちゃうような形の2段ベッドの部屋で…
連泊する予定を断念して1泊で退散したりってことがあったり・・・

そんな旅先の現地に行ってみてはじめてわかるトラブルも、
旅行の醍醐味で、無事に旅から帰ってきた今となれば
すべて楽しい良い思い出!全てネタ!!

ということで、もしもこれから世界一周航空券を使って
海外旅行でいろんな国を回ってみたい!世界一周してみたい!
という計画を立てようとしている方の少しでも
参考になればと思ってこの記事を作成した次第。

この記事の情報が、あなたのお役に立てたら幸いです。

海外通貨両替の手間、省けます!
現金両替よりお得♪




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA