【やらなきゃ損!】海外で余った小銭やお金は日頃使える電子マネーに換金可能【知ってる人だけ得してる】

海外旅行で残ったお金を日本で使えるお金にする方法

海外で余ったコインや外国のお金を電子マネーやSuica(スイカ)にチャージできる!?【知ってる人は『ポケットチェンジ』で得してる!】旅行などで海外から帰国したあとに結構あるのが余ったお金、特にコインとかの小額紙幣。
また行く時にでも使えるしいいか〜・・・なんて家にしまっておいて、そのまままにしてるって海外旅行が好きな人によくあるパターンだけど、その海外旅行で余ってしまった外国のお金を日本での日常生活に使えるよう(電子マネーとかAmazonギフト)に簡単に換金する方法、取引時のレートが良くなるクーポン番号も紹介。





海外旅行で余った外国の小銭ってどうしてる?家に溜まってる?

もはや海外旅行好きあるあるど定番となっているのが

やたらと外国の貨幣、特にコインやら再両替できなかった少額紙幣がジャラジャラと家に眠ってる・・・・

海外旅行中あるあるですが、海外で外国のお金を使う時って、
日本と違って見慣れない外国のお金を数えるのもめんどくさいし、
外国の小銭って金額わかりにくいものも多い!(外国の人からしたら日本のお金もそうだろうけど)

だから、海外での買い物する時って、大きいお札(高額紙幣)で支払ってしまう。
そしてお釣りをもらえばいいや〜・・・と、。

アレよあれよと言う間にめっちゃ増えてる外国の小額紙幣や小銭たち
これも海外旅行あるあるパターン!!

海外旅行あるある

少額の外国通貨の再両替は無駄・・・

細かくなってしまった通貨は日本円に再両替するのも手数料を考えると少額を日本円に戻すのもったいないし
てかそもそも、少額の小銭の両替なんてほとんどできないっすね・・・

まあ、コインはお土産になるか〜・・・なんて考えつつ帰国。

でも、そのコインをお土産にして誰かにあげる機会・・なんて実はほとんどないですよね。
日本の自宅に海外のいろんな国のコイン(小銭や小額紙幣)がいっぱい余ってる人も多いでしょう

日本円にしたら数百円だし・・・とかいいつつも・・・なんだかもったいない!

海外の通貨(小銭も紙幣も)もお金はお金!

でもお金はお金だし捨てるなんてもってのほか、日本では使えない外国のお金とはいえお金だし処分はできない。
またその国に旅行に行く時に持っていけばいいか!な〜んて、思うけど。
同じ国に再訪する機会があっても、前回の旅行で余った小銭なんてだいたい忘れていくことでしょう・・・

実際、私はこれまでに何度か同じ国(特にアジア圏のタイ、香港や台湾)に旅行で行っていますが
前の時に余らせた小銭を持っていったためしがありません。。。だいたい、いつも行ってから気づくんですよねぇ
「あれ?この国のお金うちにもあったな・・・」って!!

そして帰国後。
またもや小銭を余らせて、増えていく海外のお金たちよ・・・・

はぁ〜前からすごいもったいないなあ!って思ってたんですけど
この海外あるあるの悩みを解消してくれる超絶画期的なサービスが登場してました!!!

ポケットチェンジで外貨を使えるお金に換金する

海外旅行で余ったコインなどの外国のお金を日常に使える換金方法とは?

そう、本当に知ってる人、やってる人だけ得してやがったんですね!コンチキショー!ってことで

このポケットチェンジってこの緑色の自販機のようなマシン、空港や駅だけじゃなく、外国人観光客が多く来るような商業施設なんかで見かけたことありません??

簡単に言えば、このポケットチェンジのマシンに、自販機のように海外旅行で余った通貨を投入するだけで
対応している通貨ならその場で、EdyやSuicaスイカのような日常的に使えるお金に換金してチャージすることが可能

しかも、メールアドレスの登録とか、端末を操作するとかのめんどくさい作業は全くしないでOK
すでに自分が持っている電子マネーのであれば、SuicaみたいなICカードや、楽天のEdy(エディ)やイオンのWAON(ワオン),セブンのnanaco(ナナコ)みたいなカード(もしくはスマホ)をその場でかざして直接チャージ

このポケットチェンジのすごいとこは、日本で使える電子マネーやギフトカードだけじゃなく
アメリカや中国、韓国なんかで使えるサービスにも対応してるというところ。
でもまあ、とりあえず私は日本全国の交通系電子マネーに対応してくれてるってところが非常にありがたい!と思っている。

海外で余らせた小銭や、日本円に再両替するほどでもないけど
ちょっと残ってしまった海外通貨をその時のレートで換算してしかもその場でシャリーンっとかざして
日本で使える電子マネーにチャージしちゃえるってこんな画期的なことってあるだろうか!?とちょっと感動すら覚えたよね。

ポケットチェンジで入金対応してるのはどこの国の通貨?

ポケットチェンジの入金対応通貨

※2019年6月時点(対応通貨は続々追加予定とのこと)

お札とコインの両方に対応しているのは、日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンの5通貨
お札(紙幣)のみ
に対応しているのは台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・ベトナムドンの5通貨

ポケットチェンジで換金できる外国通貨の種類は日本人の海外旅行先として人気上位の国はほとんど網羅されてる印象。
そして逆に、日本にやってくる訪日観光客の多い国の通貨もほとんどOK。

対応していない国やマイナーな通貨の場合は??

基本的に、現在流通しているお金が対応となっているため、あまりに古い貨幣や、上記以外の国で未対応の通貨の場合は電子マネーに換金ということはできないが、その場合にはそのまま寄付するか返却するかを選択することもできる。
持っていても仕方ないって場合はそのまま寄付してしまえるのも良い点だろう。

余った外貨を日常に使えるお金としてどんなサービスに替えられる?

ポケットチェンジで交換できる電子マネー系サービス

※2019年6月時点(対応サービスは続々追加予定とのこと)

Suica(スイカ)はもちろんPASMO(パスモ)やICOCA(イコカ)や地方系の交通系電子マネーにも対応してるし
海外旅行で余らせた少額の外国のお金が日本で使えるお金としてチャージできると
全く無駄がなくなるし、海外旅行で余ったお金を自宅で眠らせておくようなもったいないこともなくなるわけだ。

スポンサーリンク

ポケットチェンジで日頃使えるお金に簡単にチェンジ

ポケットチェンジの使いかた

  • まずはポケットチェンジのマシンをみつける

ポケットチェンジの端末マシン

(日本国内の主要空港の国際線ロビー付近に多い)
ツーリスト・外国人観光客が集まる商業施設(ドン・キホーテなどにある場合も)
ポケットチェンジが設置されている場所を確認したい場合は公式サイトで最新情報をチェックしよう

  • ポケットチェンジの機械を見つけたら、タッチパネルの案内に従って操作

利用する国から希望の通貨を交換する先(EdyやSuicaなど)を選択してタッチしていくと

例えば海外の通貨を楽天Edyの電子マネーにチャージする場合
日本を選択する

外貨を交換したい国のサービスを選ぶ

楽天Edyのマークをタッチする

外貨をEdyにチャージする

選択すると、サービス毎に外貨を変換できる上限金額や下限金額が確認できる。
チャージ可能な金額を確認

現金投入画面に変わったら、お手持ちの通貨を投入する。
各国のコインや紙幣を同時にまとめて投入することも可能。
外貨をまとめて投入することができる

ポケットチェンジに対応している通貨は現在(2019年6月時点)では
日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン、台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・ベトナムドンの10通貨
のみだが、今後も対応する国を増やしていく予定とのこと。

ポケットチェンジのコインいれ口ポケットチェンジのお札いれ口

この時に、まだ対応していない国の通貨や読み取り不能であった場合には、返却するかそのまま寄付するかを選択することができる。


交換先サービス(例:SuicaとかEdy)と交換金額の確認画面となる。
確定する前にレートが良くなるクーポンコードの入力をお勧めする。

ポケットチェンジのレートが良くなるクーポン利用

ポケットチェンジでお得なレートで交換するためのクーポンコードは『9912738』

換金レートはその時のその場所での金額となる。が、この内容確認画面を確定させる前に、クーポンコードを入力すると
取引時のレートをちょっと良くすることができるので、この一手間をすることをオススメする。

レートが良くなるポケットチェンジクーポンコード

確定ボタンの左側にある『クーポンをお持ちの方』を選び、ここにクーポンコード『9912738』を入力してみよう。
クーポンを使うとちょっとお得なレートで電子マネーなどに換金できるのでやっといて損はないので是非やりましょう。

受け取り金額を確認し、タッチ式の電子マネーを選択した場合は
手持ちのICカード(もしくはスマホ)などをポケットチェンジのマシンのIC読み取り口にかざして
シャリーン!なりワオ〜ん!なりといつものようにチャージ完了!となる。

タッチ型の電子マネーとは別のサービス(例えばAmazonのギフト券やクーポン券など)を選んだ場合には
ギフトコードやクーポンコードがついたレシートが出てくるので、その内容に従って各サービスごとの手続きに各自進む。




まとめ

海外旅行で外国通貨(コインや紙幣)を余らせて帰国してももう大丈夫!
たとえ日本円にしたら数百円にしかならいような少額の通貨でも、ポケットチェンジで日本で使える電子マネーにサクッとチャージできる!

ポケットチェンジで対応している外国の通貨は現在10種類

(10カ国の紙幣・コイン紙幣のみの国もあり
日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン(紙幣とコイン)
台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・ベトナムドン(コインは未対応)

ポケットチェンジで換金先として対応しているサービスは?Suicaや楽天Edy、Amazonギフトの他にも

日本で使える!電子マネー系サービス

  • 交通系電子マネー(全国の鉄道、バス、お買い物などでの決済に利用できる)
    Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、Kitaca(キタカ)、TOICA(トイカ)、MANACA(マナカ)、nimoca(ニモカ)、はややかけん、SUGOCA(スゴカ)など
  • 楽天Edy(コンビニや飲食店での決済でも使える楽天グループのプリペイド型電子マネー)
  • WAON(ワオンはイオングループ店舗の決済に利用できる)
  • nanaco(ナナコはセブン&アイグループ各店での決済に利用可能)

ネット通販系のギフト券クーポンに交換!

  • App Store & iTunes ギフトカード(アプリや音楽の買い物に使える)
  • Amazonギフト券(Amazon.co.jpでの買い物に使える)

ポケットチェンジで寄付できる交換先

  • unicef(ユニセフ)
    すべての子どもの命と権利を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ、緊急支援、 アドボカシーなどの支援活動への寄付となる。
  • JCV (世界の子どもにワクチンを 日本委員会)
    子どもワクチンの確保と感染症の完全予防を支援するための募金・ワクチン供与活動への寄付
  • PLAN(プラン・インターナショナル)
    子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するため活動の寄付

アメリカで使える交換先サービス

□ecoPayz □ドミノピザギフトDomino’s Pizza eGift Card Custom □Target(アメリカ大手スーパーターゲットのeギフトカード)□Viber US 電話・メッセージアプリの通話に使える「Viber Out Credit」□アメリカの書店「Barnes & Noble」eギフトカード □アメリカの大手家電量販店「Best Buy(ベストバイ)」eギフト □Uber タクシー配車アプリ「Uber」の決済に使えるeギフトカード □Reward Link Preferred(アメリカの様々な小売店ギフトカードを選んで交換)

中国で使える交換先サービス

□中国のネット旅行代理店「Ctrip」での航空券・パック旅行等の決済に使えるクーポン
□WeChat Payアカウントにチャージして電子マネーとして使える

韓国で使える交換先サービス

□TicketMonster(チケットモンスター)韓国のクーポンサイト「TMON」でクーポンの購入
□cultureland カルチャーランド商品券。韓国のデパートやそのWebストアでの100以上の店舗でお買い物に使える
□T-CION T-COINを交通カード「T-money」にチャージすることで、鉄道、バスの支払に使える

その他の国で使える交換先サービス

□インドの大手家電量販店「Croma」の全店舗およびオンラインショップでの買い物に使えるCroma E-Gift Card
□インドの腕時計店「Fastrack」全店舗およびオンラインショップで使えるFastrack E-Gift Card

□台湾の樂天市場でのお買い物時に使えるTW Rakuten Super Points「楽天スーパーポイント」
□YBCoin □Zalando / Belguim, France, Germany(ベルギー、フランス、ドイツ) □Zalando / Denmark(デンマーク) □Reward Link Australia(オーストラリア)□Reward Link Canada(カナダ)□Reward Link India(インド) Reward Link Singapore(シンガポール)

こんな感じで、自販機でジュースを買うような、めちゃくちゃ簡単な感覚でサクッと気軽に
海外旅行で余ったお金を換金して日本でも使える手持ちの電子マネーにチャージしてくれるんだから
たとえ数百円レベルであろうとお金はお金!
ただただ自宅の片隅に眠らせておくのはもったいない!
これをやらない理由はないよね〜って感じでオススメです!!

Pocket Change(ポケットチェンジ)に関する設置場所や対応通貨・対応サービスなどの最新情報は
公式サイト https://www.pocket-change.jp/ja/でご確認ください!




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA