【噂の神プラグイン!?】Rinkerを導入ワードプレスにインストールするまでの方法(Mac環境)

Rinkerプラグインの使い方入れ方

最近、巷で神プラグインという噂の『Rinker』を自分のブログにも導入したいけどインストールの仕方がわからない方、特にMacユーザーでRinkerをダウンロードしてみたけどアップロードできない?やり方がわからなくて引っかかっている方必見!
Rinkerを使ってみたいけどプラグイン検索で出てこない!?どうしたらいいの!?という方、初級、駆け出しブロガー向けの内容です。『Rinker』のダウンロード手順からWordpressブログにインストールして有効化するまでの流れ。





巷で噂の『Rinker』が気になるけど検索で出てこない件

TwitterなどのSNSや、ほうぼうのブログサイトなどで注目を集めている
商品管理、自分のサイトにおすすめの商品を表示させるための
神プラグイン『Rinker』の噂が・・・
2018年末頃から薄うす・・・気にはなっていたけど

商品紹介に使うこういうの↓

今のところ『カエレバ』を使ってるし、
『カエレバ』を使っていて特に不都合ないし
まあいいか。。。と思っていたけど・・・

あまりに、「Rinkerマジ神!」とか
「Rinker 無料のプラグインなのにやばすご!!」
みたいなツイートを見ていると
おじさんも、やっぱり影響うけちゃって、

リンカー検索しても出てこない

みんながそんなに言うなら・・・とノコノコ気になって
その時に一度、WordPressプラグイン追加
『Rinker(リンカー)』検索してみたけど出てこないし。。。

プラグインが見つかりませんでした。他の検索条件をお試しください。

なんだ、プラグイン検索で出てこないのかめんどくさ・・・
てか単純にまあいいやめんどくせえ・・・・と思って放置してたけども

2019年も明けたし、平成も終わることだし(←まったく関係ない)
やはり、まだまだブログやサイト運営にかんしては
駆け出しも同然なので、戸惑うことも若干ありつつ、
このままではあっか〜〜ん!!
と、

一念発起して『Rinker』の導入に挑戦してみました。

やってみればなんてことのないインストール作業なんですが
検索で出てこないから・・・で諦めてしまうにはあまりにももったいない!
使い勝手の良い商品管理プラグインなので
もしも、私と同じような状況下で『Rinker』を導入するか否か、
悩んでいる人がいるのでしたら、この記事が参考になれば幸いです。

ということで

Rinkerを導入しようと思ってもプラグインで検索かけても
あれ?出てこない・・・・?なぜ?
どうやってRinkerを導入すればいいのかわからない初心者の方向けの内容です。

上の方にも書きましたが
RinkerはWordPressのプラグイン検索では出て来ません
検索では出てこないので、Rinkerを自分のワードプレスに導入するためには

まずRinkerダウンロードしたのち
手動でプラグインをアップロードする必要があります。

そのやり方の流れをなるべくわかりやすくというか
私がRinkerを入れようとした際に、引っかかった点わかりづらかった点などを
なるべくわかりやすく説明できたらと思います。

当方、Mac環境下になりますので基本的には
Macでの作業手順となります。
(Windowsだと多少異なる点があるかと思いますので参考程度になさってください。)
前置きが長くなりましたが、これから基本的なインストールまでの流れを紹介していきます。

実際のダウンロードやワードプレスへのプラグインアップロードなどに関しては
くれぐれも実際の運用作業は自己責任でお願い申し上げます!




Rinker導入までの流れプラグインのダウンロード

まずは

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイトへGo!
https://oyakosodate.com/rinker/(別ウインドウで開きます)

商品管理プラグインリンカー公式サイト

「Rinker」はやよいさんというフリープログラマー様が作られたプラグインだそうです。

私にはプログラミングとかさっぱりわけわかめの世界なので
そうゆうことができる時点で、やよいさんは既に私にとっては神側の人間でしょう。。。。
しかも、商品リンク管理プラグイン『Rinker』は無料で提供されています。
まさにマジ神ですね。

リンカー利用規約を読んでからダウンロード

公式では目次にそって、まず利用規約をきちんと読みましょう

目次のRinkerベーシックをクリックすると
Rinkerのダウンロードはこちらという部分まで飛びます。リンカーをダンロードする

(繰り返しになりますが利用規約を読んでからダウンロードへ進みましょう)

「Rinkerのダウンロードはこちら」をクリックするとダウンロードできるサイトに飛びます。

リンカーのダウンロード画面

スポンサーリンク

右側にある無料ダウンロードボタンをクリックします。
するとこのような、「続けるにはログインまたはアカウントを登録してください」表示が出ます。

リンカーダウンロードにはPixivIDが必要

Rinekrの無料ダウンロードにはPixivIDが必要となります
pixivIDがない場合はIDをまず作ってログインすることになります。
このIDもアドレスを入力する程度でものの30秒もあれば作れます。これも無料です。

作成したIDでログインすると自動的に無料ダウンロードができるようになっているので
ダウンロードします。
実はたったこれだけでRinker のダウンロードするまでの手順は終了です。

Rinker のダウンロードファイルがきちんとご自身のパソコン上にあるかご確認ください。

次はアップロードします。

Rinker導入までの流れ 自分のワードプレスにアップロードする

次に自分のWordPress(ワードプレス)サイトに
ダウンロードした『Rinker』のファイル
アップロードします。

アップロードするには、ワードプレスダッシュボード
『プラグインの追加』画面を開き
『プラグインのアップロード』をクリックします

ワードプレスプラグイン追加画面

 

アップロードする前に、ここで、
Macユーザの場合ダウンロードしたRinkerのファイル
この時点ではZipファイルではない
と思うので
ダウンロードしたRinkerファイルをZipファイル化(圧縮)します。

Zipファイル化するのは簡単です。

ファイルは圧縮しないとだめ

ダウンロードしたRinkerファイル(yyi-rinker)にカーソルを合わせて右クリックで
“yyi-rinker”を圧縮というメニューを選択しクリックするだけで圧縮されます。
これで下記のようにZipファイルが作成されます↓

圧縮でZipファイルになる

 

ワードプレスに戻り
プラグインを追加プラグインのアップロード」をクリックし
先ほど圧縮したZipファイルを選択した上で
「今すぐインストール」をクリックするとインストールがはじまります。

Zipファイルでしかアップロードできない

ここにも書いてある通りZip形式のファイルでないとインストールはできないのでご注意ください。

そしてプラグインのインストールが無事完了すると

プラグインをインストール完了したら有効化

[プラグインを有効化]というボタンが現れるので

そこをクリックし、インストールしたRinkerプラグインを有効化すればRinkerのインストール作業はこれで完了です。

最初に規約を読んでいたらわかる通り
実際にRinkerを運用して使うためには簡単な設定が必要となります。

各種、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでのアフィリエイトIDを取得したり、
と煩雑(ちょっと面倒)だけど簡単な設定が済めば
このように超簡単に商品へのリンクを作成して表示することができます。

使い勝手もよく超簡単・・・まさに神プラグインの予感しかしない!
作成者様本当にありがとうございました!

こんな商品紹介の表示ができるプラグインがRinkerだ!

こちらは私が今、激ハマりしたものの、近所のコンビニやスーパで手に入らなくて
ネットで箱買いしてしまったチョコレートです↓




SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメントを残す

*

CAPTCHA