【本日の名言】才能を疑い出すのがまさしく才能のあかしなんだよbyホフマンとはどんな人物・意味・解釈・教訓とは?

才能を疑い出すのがまさしく才能のあかしなんだよホフマン

【本日の名言】「才能を疑い出すのがまさしく才能のあかしなんだよ」とはドイツの小説家・作曲家・裁判所判事でもあったE・T・A・ホフマンによるものであるがその意味・解釈・教訓とは?昼間は法律家・夜はドッペルゲンガーや磁気催眠術師などが登場する怪奇と幻想が入り混じったような独特の世界観を描き出す作家の二重生活を送ったE・T・A・ホフマンとはどんな人物だったのか?

スポンサーリンク

続きを読む

【本日の名言】まけてのく人をよわしとおもうなよ知恵の力の強きゆえなりby高杉晋作とはどんな人物・意味・解釈・教訓は?

まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり 高杉晋作

【本日の名言】「まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり」とは幕末の尊王攘夷派の急先鋒の志士高杉晋作(たかすぎしんさく)による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?幕末の動乱期に生き、時代を駆け抜け、日本という国を大きく旋回させながら、大政奉還も明治維新も見ることなくたった27歳でその生涯を終えた高杉晋作とはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】自ら見る、これを明と謂(い)うby韓非(かんぴ)とはどんな人物?意味・解釈・教訓は?

自ら見るこれを明と謂う韓非

【本日の名言】「自ら見るこれを明という」とは中国戦国時代の思想家・韓非(かんぴ)による著書『韓非子(かんぴし)』に出てくる言葉であるが、この意味・解釈・教訓とは?最後は服毒自殺を遂げた韓非とはどんな人物か?秦の始皇帝が感銘を受けた『韓非子』とはいったいなにか?

続きを読む

【本日の名言】和らぐをもって貴しとし さからうること無きを宗とすby聖徳太子(しょうとくたいし)の意味・解釈・教訓とは?

和らぐをもって貴しとし さからうること無きを宗とす

【本日の名言】「和らぐをもって貴(たっと)しとし 忤(さから)うること無きを宗(むね)とす」とは飛鳥時代の皇族で政治家・聖徳太子(しょうとくたいし)により制定された『十七条憲法(じゅうしちじょうけんぽう)』の冒頭第1条部分に出てくる言葉が元であるが、その意味・解釈・教訓とは?学校では習った気もするが、忘れかけている聖徳太子ってどんな人物?なにをした人?

続きを読む

【本日の名言】物はとにかく時節をまたねば願うことも成就せず短慮は功をなさずby滝沢馬琴(ばきん)とは意味・解釈・教訓は?

物はとにかく時節をまたねば願うことも成就せず短慮は功をなさず馬琴

【本日の名言】「物はとにかく時節(じせつ)をまたねば願うことも成就(じょうじゅ)せず、短慮(たんりょ)は功(こう)をなさず」とは江戸後期の戯作家・曲亭馬琴(きょくていばきん)こと滝沢馬琴(たきざわばきん)による著書『占夢南柯後記(ゆめあわせなんかこうき)』に出てくる言葉であるが、その意味・解釈・教訓とは?日本のシェークスピアとも称された滝沢馬琴とはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】声無きに聴き形無きに視る(こえなきにききこえなきにみる)by礼記とはどんな意味・解釈・教訓は?

声なきに聞き形なきにみる 礼記

【本日の名言】「声無きに聴き(こえなききにきき)形無きに視る(かたちなきにみる)」とは中国の重要古典『四書五経(ししょごきょう)』の中の一つである『礼記(らいき)』より親孝行に関する心構えについての記述が原典となっているがその意味・解釈・教訓とは?『礼記』とは一体どんな書物なのか?などについて

続きを読む

【本日の名言】障子を開けてみよ 外は広いぞ by豊田佐吉(とよださきち)とはどんな人物?意味・解釈・教訓とは?

障子を開けてみよ 外は広いぞ

【本日の名言】「障子を開けてみよ 外は広いぞ」とは明治・大正期の発明家・実業家、世界トップの大企業TOYOTA、現在のトヨタグループの創始者である豊田佐吉(とよださきち)による言葉だが、その意味・解釈・教訓とは?巨大企業の礎を築いた豊田佐吉とはどんな人物?

続きを読む

【本日の名言】天は自ら助くる者を助くbyベンジャミン・フランクリンとはどんな意味・解釈・教訓は?

天は自ら助くる者を助く

【本日の名言】「天(てん)は自(みずか)ら助(たす)くる者を助(たす)く」とはアメリカの政治家・科学者・文筆家・実業家でもあったフランクリン(ベンジャミン・フランクリン)による言葉である。元ネタは古くから伝わるラテン語の格言、ことわざが原典となっているが、その意味・解釈・教訓とは?避雷針の考案者でもあるフランクリンとはどんな人物だったのか?

続きを読む

【本日の名言】楽しきと思うが 楽しきもとなりby松平定信(まつだいらさだのぶ)とはどんな意味・解釈・教訓は?

楽しきと思うが 楽しきもとなり

【本日の名言】「楽しきと思うが 楽しきもとなり」とは江戸後期の幕府老中・白河藩主であった松平定信(まつだいらさだのぶ、徳川吉宗の孫)による言葉であるが、その意味・解釈・教訓とは?ポジティブ・シンキングの大前提とも言える言葉を残した松平定信とはどんな人物?何をした人?

続きを読む

【本日の名言】すべての大偉業は最初は不可能事だといわれたbyトマス・カーライルとはどんな意味・解釈・教訓は?

すべての大偉業は最初は不可能事だといわれた

【本日の名言】「すべての大偉業は最初は不可能事だといわれた」とはイギリスの歴史研究家・思想家・作家であったカーライル(トマス・カーライル)による言葉であるが、この意味・解釈・教訓とは?実際に『偉業』と言われる事業を成し遂げた人々が残した偉業に関する名言とは?カーライルとはどんな人物だったのか?などについて

続きを読む