備える防災

【減災と防災】災害の被害をなるべく最小限にとどめるための減災とは?

減災と防災の違いとは

”防災”よりも『減災』をってよく聞くけど、減災ってなに?防災との違いは?災害は起こるもの。被害をゼロになくすという考えよりも、被害をなるべく減らすため、なるべく被害を最小限にとどめるという考え方の『減災』のために今できることは?実際に災害発生時に減災のためにどう行動するべきか?子供の頃に避難訓練で習った、あの頃の常識がいまやもう古いってマジか!?とにかく死なないために死なせないために今できることはやっておこう。

スポンサーリンク

続きを読む

【ペットボトルで人が浮く】浮力確保に必要な本数は何本?【水害対策】

ペットボトルで人は浮けるんです!もちろん救命胴衣や浮き輪などの浮き袋や他に浮力確保できる道具があるならば、それにこしたことはありませんが、災害などの緊急時、どうしても水の中を移動しなくちゃいけない万が一の時にも知っているだけで得をする小ネタ。大人は2リットルの空のペットボトルを浮き袋代わりにして浮けるんです。
集中豪雨、長雨、河川の氾濫、人ごとではありません。水害対策してますか?救命胴衣備えてますか?いや、ないよね・・・ってことで、ペットボトルで浮く方法とペットボトルもない時は最終的にシャツで浮力確保する方法もありますので覚えておいて損はないですよ!
続きを読む