電子タバコとVapeの違いは?ニコチンタールゼロの人気Vape紹介【今さらきけない!】

電子タバコとベープの違いとは?

なんとなーくわかった気になってる電子タバコについて、まあ非喫煙者だから関係ないやと思っていたけど、いまなんか若者のタバコ離れが進んでるけど・・・なんか細長い電子タバコ吸ってる女子たまにみかけない?なんだあれ?聞くと電子タバコみたいだけど、「ニコチンもタールも入ってないよ」リキッドでミストを吸ってアロマでリフレッシュ・・ってなんじゃそらああああ!!!?ちょっとおじさんにもわかるように説明してくんね?ってことで一般的な電子タバコと若い女性を中心に人気があるニコチン・タールフリーのVAPE製品の違いとは!?人気のVapeグッズの紹介も。


こちらの記事もどうぞ↓
【電子タバコ】持ち込み禁止の国もあるからね!【海外渡航前に要確認】

電子タバコとVAPEの違いってなんなの!?

若い女子がたまに、細長い棒状のものを口にくわえて
煙のようなものを吸い込んで吐き出して・・・・

「ああ、なんだ電子タバコか、最近のはなんかペンみたいなんだなぁ・・・」

と思ってたけどけど、なんか今、
いっしょくたに
電子タバコって言わないらしいよ!!
知ったかこいて
「なんだ電子タバコかー」じゃないよ!

あの細長い電子タバコみたいなやつの中には
『vape』(ベイプ)ってやつもあって、
まあ、一見しただけじゃ正直わかんないんだけどさ・・・

どうも、ニコチンもタールも含まれない
アロマのようなフレーバーを水蒸気で吸って楽しむものもあるらしい。
ちょっと何言ってるかわかんなくなってきたよね?
うん、自分も微妙に説明が難しくて書きはじめたことを後悔してきたけど・・
要するにあれだよね、水タバコ的なことだよね・・・?
電子タバコと水タバコ

海外では結構街角のカフェでシーシャ(水タバコ)吸えるとこあるよね。
って言っても日本では水タバコの方が断然マイナーか!?

頑張って自分なりの解釈で説明してみるね。



電子タバコとvapeって何が違う?住み分けは??

わかっているようでわかってない違い・・・
いわゆる『電子タバコ』の一部として位置付けられてるけど
実はニコチンもタールも入っていないリキッドを使う電子タバコVAPE

Vapeと呼ばれるものは、
まあ電子タバコの最先端を行くようなものなんだけど
ここにタバコって言葉がすでにあるからややこしいんだけど

仕組みは電子タバコのように、
電気の熱でリキッドを加熱することで
蒸気を発生させて吸うものなんだけど

国内で流通する『電子タバコ』として有名なこれら

いわゆる電子タバコにはニコチンが成分として入っている

日本国内での電子タバコの代名詞となりつつある
フィリップモリス の『アイコス』
JTの『プルーム・テック』なんかは
タバコ会社が出しているだけあって
中に仕込むもの:ヒートスティックやタバコカプセルを使用するタイプで
それには、当然ニコチンが含まれている。

しかもニコチンは水溶性で水に溶けやすいもので
それを水蒸気で吸っているんだから
普通のタバコよりも実はニコチンを摂取してるのでは?!という説も・・・



リキッドを使うVapeは基本ニコチン・タール不使用

対して、香料入りのリキッドを使うのがVapeと呼ばれるもので
この『リキッド』には基本的にニコチンやタールは入っていない。
(※国内で流通しているものに関して)

リキッドってなんなの?

リキッドというのは
英語で書くと『LiQUID』 意味はそのままで『液体』
リキッドの原料となるのは

  • プロピレングリコール(PG)
  • ベジタブルグリセリン(VG)
  • 香料(香料もPGから製造)
  • 精製水
  • メンソール系リキッドにはハッカ油が使われていることも

PGやVGは、食品添加物や化粧品にも使用される成分。

日本国内でのニコチン入りリキッド禁止

ニコチン入りリキッドは日本国内では販売・流通できないだよ

ちなみに、
日本国内では「ニコチンを含むリキッド」は
販売や譲渡をしてはいけない
となっている。

が、しかし、ニコチン入りリキッドは入手可能。

『ニコチン入りのリキッド』の個人輸入は今のところ
特に制限されていない。
ネットなどで個人輸入という形で購入することができる。
もしくは、海外旅行に行った際に現地で流通している
『ニコチン入りリキッド』を購入して、
持ち帰ることも今の所は、特に制限はされてはいない。

ただし、ニコチン入りリキッドを
個人で輸入できる制限は
月120ml以下となっている。

スポンサーリンク

さらに、個人輸入したからといって
ニコチン入りのリキッドを
転売することはもちろん禁止。
誰かにあげたりするなどの譲渡行為も法律で禁じられている。

まあとにかく
基本的には日本国内で普通に販売している
VAPE用リキッドにはニコチンは含まれていない!

あえてニコチン入りを個人輸入で買おうとしない限りは
リキッドにはニコチンやタールなどの有害物質は含まれていない。

こちらの記事もどうぞ↓
【電子タバコ】持ち込み禁止の国もあるからね!【海外渡航前に要確認】



ニコチン・タールゼロで人気のVapeおすすめ

Vapeを始めるために必要な道具(アイテム)は?

  • リキッドを電気的に加熱し水蒸気化させる装置:アトマイザー
  • 電池:バッテリー
  • 吸い口
  • 味や香りをお好みで選べる:リキッド

Vapeは自分好みにカスタマイズできるところも
一つの魅力だと思いますが、ちょっとレベルが高い・・・
マニアックな領域になってくるので
別にここまで知らなくても大丈夫

とりあえず試してみたい、やってみたいって方には
ほとんどのメーカーからこれさえ買えば
すぐにでも吸い始められるよっていう
簡単なセットが出ているので、まずはスターターキットを買ってみるのがおすすめです。

自分の好みのVapeを見つけよう!

ニコチン・タール不使用のリキッドを使ったVapeの中でも
人気の高いものを紹介!

フレンバー

★タール・ニコチンフリー
★リキッドは安心の国内製造・生産
★オシャレでファッションアイテムとしても◎

人気のベストセラーSTANDARDシリーズ
弱、中、強のレベル切り替え機能がついており、
お好みのフレーバミストの量に調整が可能
また、各パーツが分解可能なためお手入れが簡単。

カラーバリエーションを楽しむならONEシリーズ
Frienbrの一体型モデル。
パーツ数を減らし一体型の構造にすることで、
コンパクトかつシンプルに。





ロアレスとシーテック

男性人気も女性人気も高い『C-tec』
その派生アイテムの『LoaLes(ロアレス)』

植物由来成分をベースにしたフレーバーを吸って楽しむ新感覚のアロマスティックです。
ニコチン0、タール0のクリーンなミストだから気になる匂いも、周りを気にするストレスも0。
カートリッジ交換式だから、いつでも清潔。吸い終わったら新しいカートリッジに交換するだけ。
スティック部(バッテリー)も繰り返し使えるから使い捨てに比べてとってもお得。
持ち運びに便利な携帯用スティックケースも付属。

プラスビューティ

日本製の「吸う」美容液
美容と健康が気になる方に、
食事やサプリより手軽に+Beauty 吸う美容液
という新たなジャンル

既存の海外製ビタミンC配合商品
・ビタボン 製造国:韓国
・ビタシグ 製造国:アメリカ
とあるが、プラスビューティは国産品で
海外製のものより年間で129,600円もお得!



ビタフル

ニコチン・タールだけではなくプロピレングリコールPGも不使用
身体にも環境にも優しいこだわったフレーバーミスト
使い捨てタイプ
はメンテナンスやリキッド補充などのめんどくさい作業一切不要
しかも1本(税込)1058円安価なので入門
とりあえず試してみるにはおすすめ。
吸引可能回数:約500回(吸引時間等により個人差があります。)
安心のMADE IN JAPAN





喫煙マナーを守ってVAPEを楽しもう

電子タバコ』『加熱式タバコ』『vape』と呼び名や種類はあるけど
その種類の違いを知ってる人だけではないし
電子タバコを吸っていても、Vapeとの違いをわかっている人だけではない。
むしろ知らない人の方が今の世の中では多いだろう。

知らない人からすれば、
「ニコチン・タール入ってなくてもタバコはタバコでしょ」
と煙たがられるし
はっきりいって、他人が吸ってるものの中に
ニコチンやタールが入ってる入ってないなんて
はたからみたら全く区別がつかない

世に出てきて、間もない新しいアイテムだから
世に一般的に認知されるまで時間もかかるだろうし
はっきりいって、
法整備も健康にどんな影響があるのかの研究も
追いついていない状況
だと思う。

食品添加物にも使われるようなものが原料だから
絶対に完璧に安全だとも言い切れないし
研究段階だからこそ、
大人が自己責任で楽しめるような法整備は必要だと思う。

未成年でもVAPEは購入できるの!?

電子タバコといわれるものはタバコとしての法律が適用されるが
ニコチンを含まない
リキッドを使用するVapeでは
法律での年齢制限が明確化されていない。

現在は販売側の自主規制によって
20歳未満の未成年には売らないことになっているが

ネットで買えるし、現実的には未成年が入手することは
法律で禁じられていない以上、違法ではない・・・
実際にはすり抜けて買うことができる現状がある。
VAPE未成年へは自主規制

だからといって
未成年がVapeくわえて煙プカプカ・・・
なんてちょっと倫理的にどうなの??って感じだ。
でも、
思春期そこらの未成年だからこそ、そういったものに
憧れる、やってみたいって気持ちもわかる

しかもVapeに至っては
完全にファッションアイテムとしても成立してるしね。
なんかかっこいいって感じもわかる。。。

かといって、Vapeを吸ってる未成年が
「これはタバコじゃないよアロマだから・・・」
と言い張ったところで
実際には、どんなものが入ってるかなんてわからない・・・

だからこそ大人側がマナーを守り
こどもには売らない、使わせないといった
明確な法整備をきちんとした方がいいと私は思う。

副流煙がないから受動喫煙がないからどこでも吸ってもいいよね?
ってことでもないと思うし
最低限のマナーは守ろう。

現状では、喫煙しない人など、
電子タバコやvapeのことをよく知らない人の方が大多数です。
法的に問題がないからといっても
公共の場や喫煙禁止の場所で、
本人は
「これはvapeだから問題ないっしょ」と吸っていても

知らない人からすれば
「こんなところでタバコ吸って!なんてマナーの悪いやつだ!」
という誤解を生みかねません。

ただでさえ、肩身の狭い喫煙者ですから・・・
「煙じゃないよ、水蒸気だよ!」
「ああ〜そうかい」
って納得できる人もいればできない人もいます。

まあ、とにかく何をするにしても言えることは
変な誤解をまねいて、人を不愉快にさせるよりは
個人の嗜好品だからこそ、マナーを守って楽しむべきですね。

こちらの記事もどうぞ↓
【電子タバコ】持ち込み禁止の国もあるからね!【海外渡航前に要確認】



SNSでもご購読できます。

関連記事



広告


Sponsored Link


コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA